装丁家・グラフィックデザイナー平野甲賀さんの展覧会&トークイベント

“読書の秋”、“アートの秋”にぴったりの展覧会&トークが、福岡市東区のブックスキューブリック箱崎店で開催されます。

■「平野甲賀リトグラフ展」

期間:2017年10月17日(火)〜11月12日(日)

場所:ブックスキューブリック箱崎店

■「平野甲賀トークイベント」

日時:2017年10月21日(土)19:00スタート(18:30開場)

会場:カフェ&ギャラリー・キューブリック

出演:平野甲賀

聞き手:大井実(ブックスキューブリック店主)

参加費:2000円(1ドリンク付・要予約)

装丁家・グラフィックデザイナーとして、半世紀にわたり第一線で活躍し、これまでに7000冊を超える本の装丁を手がけてきた平野甲賀さん。“青春のバイブル”『深夜特急』シリーズ(沢木耕太郎著)をはじめ、椎名誠や谷川俊太郎の本の装丁できっとご存知の方も多いであろう、ブックデザイン界のスーパースターです。

平野甲賀さん(写真・太田有紀)

平野甲賀さん(写真・太田有紀)

本屋でいちど見れば忘れられない、のびやかなあの「描き文字」が、リトグラフ(平版画)となって、この秋、ブックスキューブリック箱崎店にやってきます!今回は、いずれも1点5万円で購入可能です。書店内ギャラリーを会場にして開催される初めての平野甲賀リトグラフ展です。ぜひこの機会に、当書店に出現する甲賀流「描き文字」の世界をお楽しみください。

福岡出身芥川賞作家大西巨人「神聖喜劇」装丁リトグラフ

福岡出身芥川賞作家大西巨人「神聖喜劇」装丁リトグラフ

さらに上記展覧会、そして“福岡を本の街に”を合言葉に毎年秋に開かれる本のお祭り「ブックオカ」開催に併せ、今回はなんと平野甲賀さんご本人も小豆島から福岡にやってきます。

21日(土)19時より、ブックスキューブリックにてトークイベントを開催。“読書の秋”にピッタリのトークイベントです!当日は、装丁・グラフィックデザインのこと、文字のことはもちろん、2014年に東京を離れて小豆島へ移住してからの暮らしとお仕事、そしてご自身もメンバーのひとりとして関わる、小豆島発オンラインマガジン「その船にのって」の活動についても、ぜひ聞いてみたいですね。さあ、どんなトークが飛び出すか。

また「ここ福岡から自分たちのメディアを、自分たちのデザインを、つくっていきたい!」。そんな思いを抱く若いひとたちにも、きっと大きなヒントとなるはずですよ。どうぞお楽しみに。

トークイベントの予約申し込み方法は以下の通りです。

予約先:hakozaki@bookskubrick.jpまで、件名を「10/21トーク予約」として[1.お名前、2.参加人数、3.ご連絡先電話番号]を記入し、お申込みください。同店からの予約確認メールをもって申し込み完了となります。※返信がない場合はお電話092-645-0630でお問合せください。

※情報は2017.10.15時点のものです

ブックスキューブリック箱崎店

住所福岡市東区箱崎1丁目5-14
TEL092-645-0630
FAX092-645-0631
URLhttp://bookskubrick.jp/hakozaki

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ