“流しの写真屋” 渡辺克巳の見た風景「新宿」 ステレオコーヒーで写真展

昨年福岡市で開催され、好評を博した「渡辺克巳写真展」が今年も10月27日(金)~11月26日(日)、福岡市中央区渡辺通3丁目のSTEREO COFFEEで開催されます。

※昨年の写真展の様子はこちら

渡辺克巳さん(1941-2006)は、東京・新宿を舞台に「流しの写真屋」として一世を風靡した写真家。前回は、40年に渡って渡辺さんが撮り続けた新宿の作品から代表作となる人物の作品が展示されましたが、今回は、風景の作品を約50点展示。渡辺さんの写真作品として風景だけを展示するのは初の試みです。

1960年代半ばから40年間の街の変化が感じられる展示会。60年代、70年代は「流しの写真屋」として人物を撮っていた渡辺さんですが、更地から高層ビルが一つまた一つと建つのを見て記録しようと思ったそうです。

渡辺さんが見た、新宿東口、西口、歌舞伎町、ゴールデン街、新宿二丁目の風景とは―。ぜひお楽しみください。

渡辺克巳の写真展~渡辺克巳の見た風景「新宿」

会期:2017.10.27(金)~11.26(日) 

時間:8:00~22:00 

会場:STEREO COFFEE (カフェ、ギャラリー)
福岡市中央区渡辺通3-8-3

電話:092-231-8854

HPhttp://watanabekatsumi.web.fc2.com/index.html

Facebook : https://www.facebook.com/watanabekatsumiphoto/

Twitter : https://twitter.com/watanabekatsumi

【渡辺克巳プロフィール】
1941年岩手県盛岡市生まれ。65年、「流しの写真屋」となる。73年「カメラ毎日」に「新宿・歌舞伎町」を発表、カメラ毎日アルバム賞受賞。その後も新宿、海外で写真を撮り続ける。98年、写真集『新宿』により写真協会年度賞受賞。06年1月29日肺炎により死去(享年64歳)。没後、東京国立近代美術館、東京都写真美術館に作品が収蔵され、海外ではサンフランシスコ近代美術館、シカゴ美術館、ニューオリンズ美術館、メトロポリタン美術館に収蔵されるなど、作品の評価も高い。

※情報は2017.10.20時点のものです

STEREO COFFEE

住所福岡市中央区渡辺通3-8-3
TEL092-231-8854
URLhttp://stereo.jpn.com/coffee/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ