高速バスで行く、大分 感性キラキラアート旅!

旅上手は、高速バスを上手に使っています! 九州各地に便があって、リーズナブルなんです。今回は、感性を刺激する大分の旅へ出かけました!

まずは予約!大分市内へのバスは、1時間に約2本出ているから、 好きな時間に出発できます。 「@バスで」のサイトで、 簡単予約&決済!

ケイタイで座席まで予約できるのがうれしい!

ケイタイで座席まで予約できるのがうれしい!

あとは当日、乗務員さんに 「WEB乗車券」を見せるだけ!

天神のバスターミナルには、スターバックスコーヒーのお店もあるから、好きなドリンクを買って乗車もOK!これで道中もリラックスして過ごせます♪

それでは、天神を出発!

 

大分に着いたら、まずは、ユニークな展示で多くのアートファンが 訪れている「大分県立美術館」へ。

こんなにインスタジェニックな写真も撮れる!

こんなにインスタジェニックな写真も撮れる!

さんさんと光が射して、 居心地がいい館内。

アトリウムには、まるで 大きい卵のような アート作品が!触ることもできます♪

マルセル・ワンダース《ユーラシアン・ガーデン・スピリット》 2015

 

このプールも、 アート。 入ってもOKなんです。

「天庭」と呼ばれるスペース には、3人の現代作家の作品が!

11月17日(金)からは、「イサム・ノグチー彫刻から身体・庭へ」展が開催されるそうです。 20世紀を代表する彫刻家の作品を見ることができるチャンスですよ!

 

お昼は、カフェに入って、大分を感じるメニューを注文しました!

豊後牛を使ったハンバーグは、とってもジューシーで、久住高原の野菜を使ったサラダも、シャキシャキ。

「釜揚げじゃこボウル」は、別府湾の釜揚げじゃこがたっぷりのっていて、さらにアボガドがトッピングされている丼。美味です♪

 

お腹も満たされたので、大分市内の中心部に移動して次のスポットへ!

 いまも使われ続けている明治時代の洋風建築 「大分銀行赤レンガ館」にも行きました。東京駅を設計した、辰野金吾さんの建築なんだとか。

 

それから、私たちが大好きな水族館「うみたまご」へ。「動物となかよくなる水族館」 がコンセプトで、館内にはいろんな仕掛けがいっぱいです!

まるで海の中にいるみたい。水族館ってとても癒されますよね。

イルカのショーも見たり…

なんと!セイウチとも触れ合いました!

おっきい!でも優しい!

おっきい!でも優しい!

新しくできた施設「あそびーち」は、 動物とアートが近い、新感覚のビーチ。

イルカの気が向けば、足元まで 来てくれることもあるんだとか。

 

感性を刺激されまくった旅のシメは、大分名物とり天!

ふわふわに揚げられたとり天は、唐揚げとは一味違った、ポン酢が効いたさっぱりさが人気の秘密。いくらでも食べられてしまいますね♪とても柔らかかったです。

 

さて、今回の旅もそろそろ終わり…。

帰りのバスは、 大分の老舗デパート 「トキハ前」から乗れるのでとてもスムーズです。

いっぱい写真も撮ったし、楽しかった!

どんなに疲れていても、天神まで運んでくれる高速バスって、ありがたいですよね。

次はどこへ行こうかな。


 

 

【高速バス WEB予約・決済限定 プレゼントキャンペーン】

2018年1月31日(水)まで開催中!

九州バスネットワークポータルサイト「@バスで」から、2017年12月〜2018年1月までの便をWEB予約・決済すると抽選で150名の方にQUOカードが当たります!詳しくはホームページをご覧ください!

☆オトクな乗車券情報も詳しく載ってます!

•WEB割 •WEB早割 •WEB回数券 •オトク乗車券

※設定日等の適用条件があります。

 

※情報は2017.11.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ