とらふぐ養殖生産量日本一!長崎市戸石町で極上ふぐ料理を堪能

「ふぐ」の産地といえば下関がすぐに思い浮かぶ人も少なくないと思いますが、実は「とらふぐ」の養殖生産量日本一は長崎県!特に、長崎市戸石地区は「とらふぐ」と「かき」の養殖が盛んです。そんな戸石地区では現在、「第16回戸石とらふぐかき祭り」が開催中。12月22日(金)まで、生産地ならではのリーズナブルな価格で旬の海の味が堪能できます♪

長崎市戸石町は、福岡から車で約2時間、長崎市の入り口に位置しています。今回は、東長崎商工会が企画したモニターツアーに参加させていただいたのですが、戸石を訪れるのは初めて。長崎県は歴史的、文化的な観光資産が多くありますが、『とらふぐの養殖量日本一』のほかにも『日本一のビワの生産地』であるようです。近くの県なのに知らないことがまだまだたくさんありますね。

さて、今回訪れたのは「お食事処 和泉」(長崎市戸石町1739-9)。こちらで、とらふぐのお刺身や鍋、から揚げなどをいただきました。

う~~ん、食べたあとに思わずうなってしまう美味しさです。しかも、すぐ近くでとれたふぐと思うと余計に美味しく感じます。呼子のイカを唐津の呼子で食べるといっそう味わい深いように、やはり生産地で食べる料理は格別です!

「とらふぐかき祭り」期間中は、戸石地区の7店舗でお得なふぐ料理が楽しめます。

※「とらふぐかき祭り」のチラシはこちら

こちらの「お食事処 和泉」では、「戸石とらふぐ御膳」(1人前2,700円)や「戸石とらふぐフルコース」(1人前4,980円)が楽しめます。

さて、今回はモニターツアーということで、『みりん塩麹漬』や『とらふぐ和風ちゃんぽん』など開発中の新商品の試食もさせていただきました。

お酒のつまみにぴったりなみりん塩麹漬

お酒のつまみにぴったりなみりん塩麹漬

長崎名物ちゃんぽんの中にふぐをしゃぶしゃぶして食べる新感覚メニューも。

長崎名物ちゃんぽんの中にふぐをしゃぶしゃぶして食べる新感覚メニューも。

洋風に仕上がったメニューもありました♪

洋風に仕上がったメニューもありました♪

日本一の生産地だからこそできる多彩なメニュー開発。贈り物には「長崎のとらふぐ」シリーズを、となる日も近いかもしれません。

戸石町では、夏はハモやカニ(ワタリガニ)がとれるそうです。季節ごとに海の美味しさがいっぱい溢れている戸石に注目です!

※情報は2017.11.18時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ