世界を魅了する墨絵アーティスト 西元祐貴がアジア美術館で初個展開催!

日本を代表する新進気鋭の墨絵アーティスト西元祐貴さんの個展「西元祐貴 龍のキセキ」 福岡展が2018年1月6日(土)~2月11日(日)、福岡アジア美術館で開催されます。

西元さんは、鹿児島県出身、福岡県在住の29歳。2011年に路上でのライブパフォーマンスで活動を開始し、現在は、舞台美術、世界的ゲームソフト、スポーツ、寺院、教育などさまざまなコンテンツシーンとコラボレーションするなど、国内外で活躍の場を広げている注目の若手アーティストです。

西元祐貴さん

西元祐貴さん

初の個展開催となる今回のテーマは「龍のキセキ」。アーティストとして、西元さんが初めて描いた作品が「龍」だったそうで、西元さんは「龍をきっかけに仕事が始まり、いろいろな人と出会い、今の自分がいる。この個展が自分にとって一つの集大成になれば」と話していました。

会場では、約30メートルの巨大『龍』をはじめ、『アスリート』『武将』『女性』など迫力の臨場感と繊細なゆらぎの世界を、約100点以上の作品で表現します。

©FBS

©FBS

©FBS

©FBS

©FBS

©FBS

必見は、約30メートルの巨大『龍』。実はこの作品、11月29日にヤフオクドームで約80%製作し、1月5日(金)にアジア美術館で行われる開会式/関係者招待会で再度筆を入れて完成させる作品なんです。どんな作品に仕上がるのかは、西元さん自身も分かりません。「見ている人に躍動感や力強さを与えられる作品にしたい」と西元さん。新たな芸術が誕生する瞬間、生まれたばかりの後世に残るであろう大作をお見逃しなく!

西元祐貴 龍のキセキ 福岡展

日程:2018/01/06(土) 〜 2018/02/11(日)

時間:10:00 〜 20:00 ※最終入場は19:30まで ※最終日2/11は18:00まで(入館は17:30)

休館日:水曜日

会場:福岡アジア美術館

料金:当日券 一般 1,000円 (800円)、高大生 700円(500円)、ペア一般〔2名〕1,600円(1,400円)

※小・中学生無料

※( )内は、前売り、20人以上の団体、満65歳以上で年齢確認のための健康保険証や 運転免許証等の提示者の料金。

※身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳の提示者とその介護者1名、 特定疾患医療受給者証・先天性血液凝固因子障害等医療受給者証・小児慢性特定疾患 医療受診券の提示者は入場無料

主催:「西元祐貴 龍のキセキ」福岡展 実行委員会 (FBS福岡放送、読売新聞社、KADOKAWA)

公式サイトはこちら

※情報は2017.12.1時点のものです

福岡アジア美術館

住所福岡市博多区下川端町3-1 リバレインセンタービル7・8F 
TEL092-263-1100
FAX092-263-1105

関連タグ

この記事もおすすめ