豪華テクノパーティー『Oued』福岡 kiethflackで2/2(金)開催

2018年2月2日(金)、テクノパーティー『Ourd』が福岡市・天神のKieth Flack(キースフラック)で開催されます。

今回のイベントは、福岡在住のテクノアーティストReqterdrumerと共に開催。テクノ大国ドイツ・ベルリンの重要人物Frank Muller(フランク・ミュラー)と、Perc TraxやToken、Coda、 Audio Assaultレーベルなどで大活躍するジャパニーズ・ミニマル・テクノ・シーンのトップランナーGo Hiyamaを招聘した豪華企画となっています。

Frank Muller aka Beroshima

Go Hiyama

出演は、Frank Muller aka Beroshima、Go Hiyama、Tomoya aka Reqterdrumer、MOKSMAOKAZUKI。

テクノ好き必見のイベントにご期待ください!

 

【Ourd feat Frank Muller & Go Hiyama】

◆日時

2018年2月2日(金)START 22:00/CLOSE 5:00


◆料金

前売り ¥2500/当日 ¥3000

Facebookイベントページ参加予定クリックで前売り¥2500

※福岡市外からお越しのお客様、または25歳未満のお客様は¥2000(要身分証)


プロフィール

Frank Muller aka Beroshima

プロデューサ、DJ,Live P.A,としてベルリンのシーンのCPUとして90年代から活動を続けている。

2007年、Cocoonより発売された”Horizon”は、Cocoonで最多のセールスを記録。Francois.K, Danny Howells, Sven Vath, Funk D’void Technasia達により、mix CDにコンパイルされる等して同年Ibizaのヒット1位に選出された。それまでテクノが彼のプレイフィールドであったが、このリリースによりハウス界に支持される様になる。

翌年リリースされた”Moonraker Ep”は北ヨーロッパのメディアにベスト・ハウスプロダクションとして選定される。

2012 年春、数年の構想期間を経た”MAD MUSICIAN”レーベルついに始動。 始動して7ヶ月の間にKIRK DEGIORGIO,TIGERSKIN, FUNK D’VOID, ULRICH SCHNAUSS 、KEN ISHI がリリースされた。現在すべてのアナログがすべてソールドアウトという快挙を記録している。

そして アルバム“Polyphonication“をリリースした。2013 年 アルバム “Real 2 Reel”を発売する。ビジュアルと音源を極限までシンクロさせた本作品は、世界中のアーティストやリスナーから支持を得ている。

 

Go Hiyama

大学在学中にイギリスのエレクトロミュージックレーベル「Coda」よりデビュー。制作活動の一方でDJとしても活動し、これまでにヨーロッパ・アジアを中心に10カ国で出演する。

現在、その音楽性を拡大させ「株式会社エコーズブレス」を設立。「音」をデザインし「音」からも想いを伝えるという考えのもと、独自の「サウンドブランディング」も展開。サウンドロゴ、空間音楽、プロダクトサウンドなどに携わる。

さらにミュージシャンとしてのライブ出演、「音」を見つめなおす展示会「見えない展示」の主催、東京藝術大学ゲスト講師など、音を多角的な視点から捉えた活動も行っている。

 

※情報は2017.12.12時点のものです

キースフラック

住所福岡市中央区舞鶴1-8-28
TEL 092-762-7733
URLhttp://www.kiethflack.net/

関連タグ

この記事もおすすめ