ニコライ バーグマンが魅せる『2050年 未来の花見』太宰府天満宮ほか

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ バーグマン)の自身最大規模となる展覧会「Nicolai​ Bergmann HANAMI 2050 -花を愛で、未来を想う- Flower Exhibition in Dazaifu Tenmangu」が2018年3月29日(​木)​~4月1日(​日)​、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で開催されます。

太宰府天満宮での展覧会は2014年、2016年に続き、3回目​。2016年に開催した3会場に、今回は新たに柳川藩主立花​邸 御花を加えた4会場で同時開催します。

※2014年開催の記事「ニコライ・バーグマン氏のフラワーアートの世界☆太宰府で『伝統開花』展」

※2016年開催の記事「ニコライ・バーグマン展覧会『新花-SHINKA-』太宰府天満宮」

今回の展覧会のテーマは「HANAMI 2050」。Nicolai Bergmann独自の視点から生まれるフラワーアートの世界で​、日本人が愛してやまない花見の“未来”を表現します。

100点以上の最新作が会場全体をピンクに染め、春の華やぎを魅​せると同時に、アクリルやスチールなど、異素材と花を組み合わせ​たコンテンポラリーなスタイルで驚きと感動の空間を演出します。​Nicolai Bergmannが提案する2050年、未来の花見をぜひご体験​ください。

日時:3月29日(木)~4月1日(日)9:00~17:00 ※開催時間は、一部会場により変更の場合あり

場所

太宰府天満宮(太宰府市宰府4丁目7番1号)

宝満宮竈門神社(太宰府市内山883)

志賀海神社(福岡市東区志賀島877)

柳川藩主 立花邸 御花(柳川市新外町1立花氏庭園内)

入場料:野外展示/無料、屋内展示全館共通/1,000円(税込) ※12歳以下は入場無料

チケット販売所:Nicolai Bergmann Flowers & Design 各店舗、太宰府天満宮社務所、宝満宮竈門神社社務所

※2018年1月15日より発売開始

※情報は2017.12.25時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ