鹿児島旅行で外せない!大河ドラマ『西郷どん(せごどん)』ゆかりのスポット10選!

2018年1月から西郷隆盛を主人公としたNHKの大河ドラマ『西郷(せご)どん』が始まりますね。それに先駆けて、世界最大の旅行サイト「トリップアドバイザー」から、「トリップアドバイザーの口コミによる『西郷どん』を知る10のスポット」が発表されました。トリップアドバイザーの口コミ投稿をもとに、西郷隆盛のことをより知ることができ、かつ旅行者から評価が高かったスポットが選ばれています。1位から順に紹介していきますよ~。

トリップアドバイザーの口コミによる、『西郷どん』を知る10のスポット

【評価方法】
2014年12月1日から2017年11月30日までにトリップアドバイザー上に登録された観光スポットに投稿された日本語の口コミで、「西郷隆盛」について一定数以上の言及を含むものを対象に、口コミ評価点(5点満点)や、口コミ投稿数などをもとに、独自のアルゴリズムで集計したものです。

<スポットの概要 と口コミ の紹介 >


1位 西郷南洲顕彰館 (鹿児島県鹿児島市)
西郷隆盛の生涯を丸ごと学ぶことができる専門博物館。西郷隆盛没後100年の記念事業として、全国の方々からの寄付により建立された資料館。なお、「南洲」というのは西郷隆盛が文筆活動で使っていた名前だそうです。

■「西郷南洲顕彰館」 口コミピックアップ
西郷隆盛の偉業を称えた資料館です。さすがは鹿児島です。よくぞ作ってくれた、という感じで西郷隆盛関連の資料館としては、恐らく屈指のものではないかと思います。西郷ファンにはたまりません。展示内容としては、遺品はじめジオラマで西郷隆盛の生涯がわかりやすく説明されており一見の価値はあります。

 


2位 西郷隆盛宿陣跡資料館 (宮崎県延岡市)
薩摩軍と官軍が戦った激戦「和田越の決戦」で敗北を喫した西郷隆盛軍が、宿陣をはった民家です。ここで薩軍解散の命が出され、西郷隆盛は陸軍大将の軍服を焼いたと言われています。現在は資料館として整備され、隆盛愛用の遺品や戦争資料が展示されています。当時の軍議の様子を再現した部屋があります。

■「西郷隆盛宿陣跡資料館」 口コミピックアップ
宮崎県内で唯一、西郷隆盛と西南戦争に特化した史料館です。建物そのものは、明治5年ころに建てられた民家で、昭和の終わり頃までは住宅としても使われていたそうです。熊本県田原坂での戦闘以来、敗走に次ぐ敗走で、ここ延岡までたどり着いた西郷は側近らと今後の方針についての軍議を開きます。その状況を人形で再現しており、この施設の目玉ともいえる展示ですが、人形の出来映えが良くて激論している感じが見る者にひしひしと伝わってきます。

 

城山から眺める桜島

西郷隆盛洞窟

3 位 城山 (含:西郷隆盛洞窟) (鹿児島県鹿児島市)
市街地の中心部に位置する標高107 メートルの小高い山。鹿児島のシンボルである桜島、錦江湾そして市街地を眺めることができる「城山展望台」があります。城山は西南戦争最後の激戦地になった場所として知られていて、薩軍本営が置かれた「西南戦争薩軍本営跡」が「ドン広場」と呼ばれる広場の近くにあり、敗走した西郷軍が立てこもった『西郷隆盛洞窟』が中腹にあります。

■「城山」 口コミピックアップ
城山ホテルの前にある展望所が鹿児島市街の向こうに桜島が見える絶景ポイントの一つです。山に登る中ほどより頂上寄り右側に西郷隆盛が自決した洞窟があります。見逃さないように!

■「西郷隆盛洞窟」 口コミピックアップ
西郷隆盛が西南戦争終結前の数日間を過ごした洞窟です。 西郷隆盛や歴史に興味のない方にとっては、ただの洞窟に過ぎないでしょうが、西郷ファンにとってはすぐ近くにある「終焉の地」と並び必見のポイント。 明治維新の最大の立役者であると言ってもいい西郷隆盛が、いかに敗走の途中であったとはいえ、最後はこんなにも狭くて暗い洞窟で過ごさなければならなかったと思うと本当に胸が痛む思いです。

 


4 位 維新ふるさと館 (鹿児島県鹿児島市)
鹿児島の歴史が一目で分かる資料館。地下1 階の維新体感ホールでは、西郷隆盛や大久保利通の等身大ロボットやマルチスクリーンにより臨場感あふれるドラマが展開されます。西郷さんの軍服や大久保さんのフロックコートを実物大で試着できるコーナーもあるそうです。

■「維新ふるさと館」 口コミピックアップ
こちらでは西郷さんをはじめとする薩摩の英雄達の業績を学ぶことが出来ます。近世の時代に関する展示もあり、鹿児島の歴史が良く分かりました☆展示物の量が多くて大変満足です。また、西郷さんの軍服や大久保さんのフロックコートを実物大で試着できますので、なかなか楽しいところでした。

南洲神社

南洲墓地

5 位 南洲神社 と 南洲墓地 (鹿児島県鹿児島市)
西郷南洲顕彰館から歩いてすぐの場所に、南洲墓地と南洲神社が隣り合わせにあります。南洲墓地には、西郷隆盛をはじめ、西南戦争で戦死した薩軍2 千人以上の将兵が眠っています。明治12 年(1879 年)に設けられた参拝所が、1922 年には西郷隆盛を祭る「南洲神社」となりました。公園から眺める桜島は絶景。

■「南洲神社」 口コミピックアップ
このエリア一帯は西郷隆盛をはじめとする幕末の志士たちゆかりの地。南洲公園には南洲墓地があり南洲神社も。ひとつひとつに西郷さんの言葉が掲げられていて辛くなる場所が多いのですが、ここ南洲神社では癒されました。拝殿の中に愛犬を連れた西郷さんがいます。その可愛らしい姿に和めて良かったです。

■「南洲墓地」 口コミピックアップ

西郷隆盛をはじめ、桐野利秋や篠原国幹などのお墓があります。西郷隆盛のお墓を中心に志士たちのお墓が並んでいるので、知っている人物のお墓を探してみるのもいいのではないでしょうか。西南戦争に興味のある人には思いをはせれる場所だと思います。

まだまだ続きます。6 位から10位を見る→

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ