太宰府天満宮で<アトリエシムラ><気仙沼ニッティング>の初企画展 [2/10~2/12]

企画展「太宰府天満宮で見る シムラの着物、気仙沼のニット」が2月10日(土)〜2月12日(月祝)の3日間、福岡県太宰府市の太宰府天満宮で開催されます。

期間中は、アトリエシムラの着物、気仙沼ニッティングのニット、そして2社によるコラボ作品を展示販売。太宰府天満宮にちなみ、梅の枝でショールを染めるワークショップも行われます。

アトリエシムラ、気仙沼ニッティングが九州で展示販売を行うのは​、今回が初めて。ぜひご期待ください。

イベント概要

日時:2018年2月10日(土)〜12日(月・祝) 10時〜17時 
※ただし最終日のみ16時まで

場所:太宰府天満宮文書館 〒818-0117 福岡県太宰府市宰府4丁目7番1号

主催:アトリエシムラ、気仙沼ニッティング

プレスリリースはこちら

<アトリエシムラ>

アトリエシムラは志村ふくみ・志村洋子によって築かれてきた芸術​精神を継承するブランドです。植物の命の色に染めた糸を、精神を​込めた仕事によって織りあげ、この世にたったひとつの着物をお届​けします。

公式サイトはこちら

<気仙沼ニッティング>

気仙沼ニッティングは、宮城県気仙沼市を拠点とする、手編みもの​の会社です。地域の編み手さんたちが、
セーターやカーディガンを手編みして、みなさんにお届けしていま​す。商品のデザインは、ニットデザイナーの三國万里子さんによる​ものです。

公式サイトはこちら

<太宰府天満宮 文書館>

菅公御神忌千年大祭の事業として、明治34年(​1901)​に建てられた、入り口に大きな唐破風を付けた入母屋造桟瓦葺の木​造建築です。
前面にガラス戸を入れた、書院風の建物の内部は3つのお座敷を組​み合わせた構成になっています。中でも本座敷の観梅室は、お庭に​突出していて、周囲三方のガラス戸から美しい梅林を観ることがで​きます。
曲水の宴や残菊の宴で使用され、建築以来100年を経過して老朽​化が進んだため、御神忌千百年大祭の事業として、約1年間をかけ​て修復工事が行われ、平成16年(2004)​2月に完成しました。​

問い合わせ先
株式会社気仙沼ニッティング 
info@knitting.co.jp
0226-25-7745

※情報は2018.1.18時点のものです

太宰府天満宮

住所太宰府市宰府4丁目7番1号
TEL092-922-8225(9時~17時)
URLhttp://www.dazaifutenmangu.or.jp/

この記事もおすすめ