世界遺産の宗像で新感覚・劇場エンターテインメント「空海劇場2018」【3/24】

2011年から続く劇場エンターテイメント「空海劇場2018」が3月24日(土)、福岡県宗像市の宗像ユリックスで開催されます。

空海劇場とは、「弘法大師・空海」の生き方や信念を音楽、アート、伝統芸能、映像、トークセッションなど、様々な表現の融合で描き出す、唯一無二の新感覚・劇場エンターテインメント。空海を「宗教家」ではなく、日本の歴史に大きな革新をもたらした「イノベーター」として捉え、空海の意志や信念、行動力を未来に伝承していく“祭り”プロジェクトです。

今回の開催地は、昨年世界遺産に選ばれたばかりの福岡県宗像市。宗像には、空海が建立した真言宗最古の寺院といわれる鎮国寺があり、その寺には今もなお数々の空海伝説が残されていますが、「空海劇場2018」でもこの鎮国寺が題材として取り上げられています。

出演者は総勢100名以上。スペシャルゲストとして、ソプラニスタ(男性ソプラノ歌手)の岡本知高さんも出演します。この機会にぜひ、福岡にゆかりのある賢人「空海」の世界をご堪能ください。

公式サイトはこちら

 空海劇場2018~天に与えられし使命の想像~

■開催日

2018年3月24日(土)

■会場

宗像ユリックスイベントホール

■実施時間

開場15:00/ 開演15:30/ 終演18:45

■出演

岡本知高/ ジャパンマーベラス/ 里地帰/ 中島GEN元治/ 楽満信幸/名越康文/深町健二郎立部住職/ 演劇集団フリーダム/福岡スクールオブミュージック&ダンス専門学校/ 筑紫女学園コーラス部他

岡本知高のプロフィール

世界的にも大変希有な「天性の男性ソプラノ歌手」である。国立音楽大学を卒業後、フランスのプーランク音楽院を主席で修了。様々なアーティストや国内オーケストラとの共演のみに留まらず、モスクワ・フィルハーモニー交響楽団、ロイヤル・フィルハーモニー管弦楽団等、海外オーケストラからの呼び声も高い。そのレパートリーは幅広く、宗教曲、オペラ、クラシカル・クロスオーバー、ミュージカル、映画音楽、日本の唱歌・ポップスと多岐にわたる。また、ライフワークとして全国各地の学校訪問コンサートを取り組んでいる。高知県宿毛市出身。

■入場料

S席10,000円/ A席8,000円/B席5,000円

※詳しくはチケット購入サイトからご覧ください。

■問い合わせ

空海劇場2018 実行委員会〔株式会社グランドビジョン内〕

TEL.092-718-3041(受付:平日10:00~18:00)

※空海劇場の詳しい情報は空海劇場公式ホームページ、もしくはフェイスブックをご覧下さい。

※情報は2018.2.1時点のものです

宗像ユリックス

住所福岡県宗像市久原400番地
TEL0940-37-1311
FAX0940-37-1359
URLhttp://yurix.munakata.com/

関連タグ

この記事もおすすめ