リアル下町ロケット 植松努さんの講演「思うは招く」【4/22】

下町ロケットのモデルと言われている植松努さんを招いた講演会「思うは招く」が4月22日(日)18:30~20:30、福岡市東区千早のなみきスクエア東市民センターで開催されます。

子どものころから宇宙にあこがれを持っていた植松さんは、大学で流体力学を学んだ後、航空機設計を手がける会社に入社。1994年に地元である北海道へ戻り、父が経営する植松電機に入社。産業廃棄物からの除鉄、選鉄に使う電磁石の開発製作を手がけていましたが、カムイ式ロケットの研究を進めていた北海道大学大学院の永田教授との出会いをきっかけに、再び宇宙へのあこがれを胸にロケット研究に取り組み、 以来、「ロケットの開発」、宇宙空間と同じ無重力状態を作り出す「微少重力の実験」、「小型の人工衛星の開発」、「アメリカ民間宇宙開発企業との協同事業」と4つの宇宙開発を軸に研究開発を進めています。

まさに「下町ロケット」(原作:池井戸潤)そのもの。植松さんが登壇したTEDxの動画は再生回数が280万回を突破するなど、大変話題となっています。

講演タイトル「思うは招く」には、「『どうせ無理』を無くして『だったらこうしてみたら?』と夢をあきらめないことの大切さを届けたい」という思いが込められています。ぜひご期待ください。

日時:4月22日(日)18:30~20:30 (開場18:00)

会場:なみきスクエア東市民センター

入場無料

※入場には事前の申し込みが必要です。

入場のお申込みはこちら

※情報は2018.2.7時点のものです

なみきスクエア

住所福岡市東区千早4丁目21番45号
URLhttp://www.namiki-sq.jp/

この記事もおすすめ