星空の下の映画祭で地元をもっと住み続けたい町に!福岡市・大名でトークイベント【2/17】

「映画に学び、映画でつながる。」をコンセプトに、映画を心から愛するメンバーで結成された団体「福岡映画部」が2月17日(土)、福岡市・大名のHabitで、映画をテーマにしたトークイベントを開催します。

様々なジャンルで活躍する語り手の視点を通し、映画について学べるイベント。昨年12月に続き2回目の開催となる今回の話し手は、いとしまコンシェル ・糸島映画祭いとシネマ実行委の福島良治さんです。

福岡の都心から30分。映画館のない糸島に、ここだからこそ出来る、思い出に残る映画祭を開催したいと、2016年に立ち上がった「いとシネマ」。クラウドファウンディングによる資金調達の後、はじめての野外上映では動員数2,000人超を記録し、さらには、他映画祭とのコラボ、映画制作など活動の幅を広げています。糸島から全国へ、映画によるまちおこしの可能性を、仕掛け人の福島さんと一緒に考えてみませんか。

福岡映画部 第2回トークイベント

「星空の下の映画祭で、地元をもっと住み続けたい町に – “いとシネマ”のこれまでとこれから」

■開催日

2月17日(土)

■スケジュール

17:30〜 開場

18:00〜 開演

19:00〜 懇親会

■場所

Habit(ハビット※旧カフェガレリア)(福岡市中央区大名2-1-50 大名O.N.Oビル2F)

■料金

ワンドリンク付 2000円

■お申し込み方法

フェイスブックイベントページの参加ボタン、または第2回福岡映画部のお申し込みフォームよりお申し込みください。

 ■お問い合わせ

fukuokaeigabu@gmail.com

 

※情報は2018.2.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ