博多座ミュージカル『舞妓はレディ』いよいよ開幕!

博多座が初めてのオリジナル和製ミュージカル製作に挑むミュージカル『舞妓はレディ』。『Shall we ダンス?』など数々の名作で知られる周防正行監督の同名映画を初めて舞台化するもので、 舞妓になることを夢見て京都の花街に飛び込んだ少女が、個性豊かな花街の人々に見守られながら成長 する姿を、エンターテインメント性たっぷりに描く話題の作品です。

3月4日の初日を前に3日、マスコミへ舞台公開が行われ、唯月ふうか、榊原郁恵、平方元基、湖月わたる、蘭乃はな、辰巳琢郎、多田愛佳、片山陽加、土屋シオン、谷口浩久らメインキャストによる囲み取材が行われました。

この日は、女の子の健やかな成長を願う桃の節句「ひな祭り」ということもあり、物語の主人公の少女と同じように、夢を目指して頑張る地元の女子小中学生 20 人を招待。 「この作品で一番大変だったことは何ですか?」という子どもたちからの質問に、唯月さんは「京ことばだったり、方言のセリフが一番大変でした」と京都の花街にしたこの作品ならではの苦労を語りました。

参加した子どもたちとメインキャスト

参加した子どもたちとメインキャスト

華やかな舞妓姿で登場した唯月さんら出演者がメインテーマ曲「♪舞妓はレディ」を歌い踊ると、子どもたちも「(唯月さんの)声がかわいい~!」「舞妓さん姿がきれい!」と目を輝かせながら、振り付けに合わせて手を動かし、ノリノリで和製ミュージカルの世界を楽しんでいました。 

メインテーマ舞妓はレディを歌い踊る唯月ふうかさん

メインテーマ舞妓はレディを歌い踊る唯月ふうかさん

「オリジナルミュージカルということで、カンパニーが一丸となり、一からここまで作り上げてきました。」と語る唯月さん。21 歳で、女性では博多座最年少主演となる唯月さんについて、事務所の先輩でもある榊原さんは「(唯月)ふうかちゃんがとにかくバイタリティに溢れていてすごく頑張っている。彼女に迷惑をかけないように私も頑張ります(笑)」と、その女優魂に太鼓判。

福岡市出身で、地元への凱旋公演となる平方元基さんは「地元でこの公演が出来ることが本当にうれしい。大いに暴れたいと思います」とやる気十分。宝塚歌劇団の出身である湖月わたるさんと蘭乃はなさんのコンビネーションも抜群で、湖月さんが男役、蘭乃さんがその相手役を演じるシーンがあることを明かすと、唯月さん・榊原さん・平方さんからも「あのシーンが大好き!かっこいいい!」と の声が。湖月さんの男役姿に、出演者たちもメロメロといった様子でした。

一方、AKB48 グループ出身の多田愛佳さん と片山陽加さんは、劇中でミュージカル版オリジナルナンバーを披露します。「♪アイドルになりたい、という曲なのですが、一番楽しんでやっているかもしれません」と語る多田さんと片山さん。「本物のアイドルが踊っているみたいだよね」との共演者たちからのコメントに「元本業のアイドルですから♪」と軽快なツッコミを多田さんが入れる一幕もありました。

「この舞台の役作りのために京都でお茶屋遊びをしてきた(笑)」と語る辰巳琢郎さんは「京懐石のように美しく盛りだくさんで、ほんまに楽しい舞台に仕上がっています。お買い得な作品ですので(笑)、ぜひたくさんのお客様に観ていただきたい」と作品を PRしました。

最後は唯月さんが「春にぴったりの作品ですのでリラックスした気持ちで観ていただけたら。ぜひ、博多座 にお越しやす~♪」と作品のキーワードともなる京都弁で締めくくりました。上演は3月4日から20日まで 行われます。ぜひお楽しみください。 

ミュージカル『舞妓はレディ』

原作:周防正行/アルタミラピクチャーズ
脚色:堀越真 演出:寺﨑秀臣
公演日程:2018年3月4日(初日)~20日(千穐楽)全25回
料金:A席/12000円 特B席/9000円 B席7000円 C席4000円
公式HPはこちら
企画・製作:株式会社博多座 

※情報は2018.3.3時点のものです

博多座

住所福岡市博多区下川端町2-1
TEL092-263-5858
URLhttp://www.hakataza.co.jp/

この記事もおすすめ