日本遺産 大分県中津市耶馬渓(やばけい) 【絶景 x グルメ x 温泉】

青の洞門では人間の信念に触れる 競秀峰を望むネモフィラ畑はこれから

 

菊池寛の「恩讐の彼方に」のモデルとなった「青の洞門」。ネモフィラ畑の向こうに見えるのが、競秀峰(きょうしゅうほう)ですが、そこにあるのが「青の洞門」です。

江戸時代、僧侶の禅海和尚が30年をかけて掘った手彫り342mのトンネル。現在も、明かり窓のある手彫り部分をみることができます。耶馬渓の通行の難所に苦しむ人々を、トンネルを作り救った逸話が残ります。

信念をもって突き進めば、とてつもないことが成し遂げられるのだと実感できます。開通した時の感動はいかばかりだったかと想像しました。

日本一の8連アーチの石橋 耶馬渓橋(オランダ橋)へ

長さは116m。日本一の長さを誇る石橋です。大分県指定有形文化財でアーチが美しい橋です。川面を走る風も心地いい季節にオススメ。撮影スポットにも最適です。

ちょっと一息入れたい時には・・・・「おんせん県」ですもの。温泉も入れます

耶馬渓の川沿いにある日帰りの温泉施設。「耶馬渓温泉館 もみじの湯」

自然の風を感じる露天風呂を楽しむことができます。こちらの他にも、のどかな山あいには、宿泊も可能な西谷温泉をはじめ多くの温泉があります。展望風呂の大きな窓からは、山の緑を望めることができたり、それぞれの個性を活かした温泉で、ゆったりした時間を楽しむことができます。

耶馬渓グルメのご紹介 中津の鱧(はも)料理

耶馬渓の森から山国川に栄養が流れ、その行先の豊前海で育ったはもは、弾力があり美味で中津の名物。遠方からわざわざ食べに来る人もいるそうです。中津市内には、「活きはも鮨」や「しゃぶしゃぶ」などの、はも料理を提供する名店があります。但し、漁の都合もあるのでご予約しておでかけください。

中津からあげ

有名な中津からあげも味はもちろん部位もいろいろ。手羽先からむね肉に、もも肉、味もしょうゆあり、塩ベースありと『はしご唐揚』も楽しそうです。

耶馬渓 そば

そば好きにはたまらない、耶馬渓にはそばの名店もあります。深耶馬渓のそば街道や、そば打ち体験道場がある「道の駅耶馬トピア」をはじめ、風味豊かなそばを楽しめるお店が各地域にあります。

歴史あるここにしかない伝統のお菓子 巻蒸(けんちん)

200年も前からある巻蒸(けんちん)は、伝統あるお菓子。キクラゲや豆を葛で固めた珍しいお菓子。「お菓子にキクラゲ?」という方は是非ご賞味を。食感が楽しめます。お土産にもぴったりです。

さて、自転車で巡りながら絶景を楽しみ、グルメに温泉と旅を満喫できる中津市耶馬渓。見どころたっぷり、グルメあり、温泉あり。あなたは宿泊プランにしますか?それとも日帰りで出かけますか?春はすぐそこ。これから到来する気候の良い季節。是非、出かけてみてはいかがでしょうか?

2 / 2

※情報は2018.3.9時点のものです

この記事もおすすめ