4/7開催「ギャラリー梯子酒」の参加ギャラリー紹介&展示作品情報

福岡市中央区の赤坂・けやき通りで4月7日(土)、アートギャラリーを巡るワインイベント「ギャラリー梯子酒」が開催されます。今回が7度目の開催となる同イベントの実行委員会より、会場となるギャラリーの展示概要が発表されました。現代アートの自由な世界と個性豊かなギャラリー空間を存分にお楽しみください!

[1]ギャラリーモリタ

今年の9月7日(金)~9日(日)ホテルオークラ福岡で開催される九州最大の現代アートの祭典「アートフェアアジア福岡」の実⾏委員⻑・森田俊一郎氏が主宰する企画ギャラリー。

今回は、1987年にマカオに生まれ、現在札幌を拠点として活動する写真家、シーズン・ラオの個展を開催。自然と人間の共存の関係、都市と田舎の間の微妙なバランスをモチーフとし、特注の植物繊維を使った手漉紙を媒体として水墨画にも見える繊細な写真作品を手がけ、近年、日本のみならず、中国、韓国、ヨーロッパ、アメリカの美術館、ギャラリー、アートフェアなどに多数出展している作家である。

Yubari, Hokkaido, Japan
Size : 23.5 x 35cm
Year : 2012 Edition : 5
giclee print on handmade paper

Yubari, Hokkaido, Japan
Size : 23.5 x 35cm
Year : 2012 Edition : 5
giclee print on handmade paper

Hokkaido, Japan
Size : 57.8 x 38.8cm
Year : 2016 ED : 9
giclee print on handmade paper

Hokkaido, Japan
Size : 57.8 x 38.8cm
Year : 2016 ED : 9
giclee print on handmade paper

Yubari, Hokkaido, Japan
Size : 35.5 x 23.5cm
Year : 2012 ED : 5
giclee print on handmade paper

Yubari, Hokkaido, Japan
Size : 35.5 x 23.5cm
Year : 2012 ED : 5
giclee print on handmade paper

[2]ギャラリー尾形

ギャラリスト歴36年のオーナー・尾形憲昭氏が主宰する企画ギャラリー。

今回は、日本画の重層的な美しい質感や“人間の在りよう”を追求する画家・斉藤典彦の個展を開催。現代日本画壇の旗手と称され、東京芸術大学美術学部絵画科教授でもある同氏の作品が並ぶ。

森の肤(ふ)
727mmx530mm(20号)

森の肤(ふ)
727mmx530mm(20号)

森の肤(ふ)
530mmx910mm

森の肤(ふ)
530mmx910mm

[3]トコポラ

1970年代の前衛芸術作品を中心に展示するアートギャラリー。筑豊田川に拠点を置き、福岡けやき通りにそのアネックスを構える。

今回は、昨年惜しまれつつ亡くなった、田川市出身の画家、空閑哲博の回顧展『心旅』を開催。

油彩画「赤富士」

油彩画「赤富士」

水墨画「(無題)」

水墨画「(無題)」

[4]けやき通りギャラリー106

金曜・土曜の午後から夕方までしか開かないギャラリー。建築家であり、「東方遊酒菜ヌワラエリア」「ツナパハ」のオーナーとしての顔も持つ前田勝利氏の眼鏡にかなったアート作品や骨董品、道具類の数々が並ぶ。

ギャラリー内風景

ギャラリー内風景

[5] ギャラリーBiN

大きくとられたガラス窓から舞鶴公園と護国神社の両方の緑が楽しめる開放的なギャラリー。

今回は、関西を拠点に活動する美術家、浅野綾花の個展を開催。同氏は1985年静岡県生まれ、2008年大阪芸術大学卒業後、2011年より作品発表を開始。日常的なモチーフや言葉をつかった銅版画作品を手がける。福岡、東京、大阪、静岡など国内での活動のほか、近年は韓国、台湾、香港などの海外へ活躍の場を広げている。

「おはようのワルツ」/銅版画に着彩

「おはようのワルツ」/銅版画に着彩

「おやすみのワルツ」/銅版画に着彩

「おやすみのワルツ」/銅版画に着彩

【イベント概要】
■企画名  ギャラリー梯子酒vol.7
■開催日時 2018年4月7日(土)15:00~21:00
■参加費 1,500円
※3杯分のドリンクチケット付き
※追加1杯500円
※高校生以下は参加費無料でソフトドリンクをサービス
■受付 ギャラリーモリタ(福岡市中央区赤坂3丁目9-28 2F)
公式FBページ
■参加ギャラリー
[1]ギャラリーモリタ
[2]ギャラリー尾形
[3]トコポラ
[4]けやき通りギャラリー106 
[5]ギャラリーBiN

※情報は2018.3.17時点のものです

福博ツナグ文藝社

福岡の飲食文化・芸術文化に関する情報発信を行う非営利団体。樋口一幸氏(Bar Higuchiオーナーバーテンダー)が代表を務め、毎年6月に開催される九州最大のウイスキーの祭典「ウイスキートーク福岡」の企画運営のほか、2017年には福岡市博物館にて期間限定イベント「黄金のミュージアムバー」、福岡市総合図書館映像ホール・シネラにて特別上映会「映画監督 中島良の世界」などをプロデュース。「ART FAIR ASIA FUKUOKA」や「ギャラリー梯子酒」などアートイベントの広報も手がけている。

この記事もおすすめ