二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎『六月博多座大歌舞伎』で襲名披露公演

今年1月、37年ぶりの三代同時襲名した二代目松本白鸚さんと十代目松本幸四郎さんの襲名披露公演が「六月博多座大歌舞伎」で開催されます。新たな門出を迎えたお2人に、公演の見どころと意気込みを聞きました。

二代目松本白鸚さん(左)と十代目松本幸四郎さん

二代目松本白鸚さん(左)と十代目松本幸四郎さん

―ご襲名おめでとうございます。

白鸚 幸四郎の十代目を息子に譲り、白鸚の二代目を継ぐ襲名舞台は一生に一度のこと。十代目幸四郎と博多座で共演できることを奇跡のように感じています。

幸四郎 母が博多出身ということもあり、私にとって博多は第二の故郷。そんな特別な場所で、襲名披露公演を披露できることを心から感謝しています。

―昼の部「伊達の十役」は、幸四郎さんが一人十役を務め、白鸚さんも出演されます。

幸四郎 博多座では染五郎時代に一度していますが、この作品は内容も分かりやすく、早替わりや宙乗りなど見どころが多い。歌舞伎はこんなに面白いということを九州の皆さまにお伝えできたらと思っています。

白鸚 十代目幸四郎は幼いころから芝居と踊りが好きで、その芸は近年、染五郎という器から溢れていると思っていた。幸四郎の女方には私自身も舌を巻く。幸四郎という新たな器で演じる芸にぜひご期待ください。

―時代狂言が多い高麗屋で世話物「魚屋宗五郎」を選ばれたのも楽しみのひとつです。

白鸚 世話物は、叔父(二世尾上松緑)、大叔父(十七世中村勘三郎)も得意とした演目。高麗屋の血にも世話物の血が流れています。間の取り方など人間の描き方が複雑で多様性のある世話物の面白さを、芝居で感じていただけたら幸いです。

 

『六月博多座大歌舞伎』

襲名披露公演としては異例の通し狂言「伊達の十役」や世話物の代表作である白鸚の襲名狂言「魚屋宗五郎」、たおやかな女方と勇壮な獅子の対比が見どころの幸四郎の襲名狂言「春興鏡獅子」など、進取の精神を持った高麗屋らしい魅力的な演目。

[日時]6月2日(土)~26日(火)昼の部/11時開演 夜の部/16:20開演

[場所]博多座(福岡市博多区下川端町2-1)

[観劇料] A席 18,000円 特B席 15,000円 B席 12,000円 C席 5,000円

※4月14日(土)10:00~電話予約・インターネット発売開始。15日(日)10:00~博多座チケット売り場でも販売。

[問]博多座電話予約センター 092-263-5555 (10:00~18:00)

博多座公式サイト

※情報は2018.4.3時点のものです

博多座

住所福岡市博多区下川端町2-1
TEL092-263-5858
URLhttp://www.hakataza.co.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ