LinQ卒業生「トキヲイキル」の第2回公演『燈火の中、貴方を想ふ』(4/11~15)

アイドルグループLinQを卒業したメンバーで結成されたガールズエンターテインメント集団「トキヲイキル」の第2回公演「燈火の中、貴方を想ふ」が4月11日(水)~15日(日)、福岡市博多区祇園町のぽんプラザホールで開催されます。

公演を前に、主演の岸田麻佑さん(トキヲイキル)はじめ、原直子さん(トキヲイキル)、天野なつさん(IQプロジェクト)、cheluさん(BASEBALL☆GIRLS)と演出・音楽を担当する俳優 柏原収史さんがファンファン福岡編集部を訪れ、公演への意欲を語ってくださいました。

(左から)cheluさん、天野なつさん、岸田麻佑さん、原直子さん、柏原収史さん

(左から)cheluさん、天野なつさん、岸田麻佑さん、原直子さん、柏原収史さん

【あらすじ】
1944年夏、開戦から5年経ち日本は痩せ細っていた。
東京から喘息を患う小田桐照子と妊婦の佐藤しのが山梨県富士見村に疎開してくる。
2人は軍需工場で働く女性たちと合同宿舎で暮らすことに。
『拝啓、正一さん。お元気ですか?お腹は空いてはいませんか?』
戦時中、力強く生きる女たちの戦争がそこにはあった・・・。

戦時中の舞台に挑むことについて、主演の岸田さんは「経験したことではないけれど、当時のことを映像や本、話を聞くなどして理解を深めてきた。当時を生き抜いた方々に対して失礼のないよう、全力で演じ切りたい」と意欲。柏原さんも「アイドルとしての『かわいさ』という武器を封じ込め、ガチで芝居に勝負する彼女たちを観てほしい」と話していました。

男性がまったく登場せず、同じ世代の女性たちだけで演じる異色の舞台。柏原さんは「だからこそ一人一人のキャラクターを際立たせる必要があった」と話します。

それぞれのキャラ設定について聞いてみたところ、「私は戦時中でもお化粧をしたり、女としての意識が常に高い女性を演じます」(cheluさん)、「私の役は山梨の軍需工場のリーダー的存在。気が強く、『ちゃんとしなきゃ』という気持ちが強い女性です」(原さん)、「私はおしゃべりで噂話が大好きなテンション高めの女性。(私自身は)おしゃべりというわけではないけれど、何か楽しいことがあったらすぐ人に伝えたがるところは似ているかな」(天野さん)、「私が演じる主人公は、優しさに溢れる女性。母性と女性としての強さを兼ね備えた女性です」(岸田さん)と説明してくれました。

九州朝日放送 「アサデス。」芸能アシスタントとして活躍中の原さんはじめ、アイドルやタレントとして活躍中の彼女たちが、役者として体当たりする姿がみられるのもこの舞台の魅力のひとつ。4人は「生の舞台だからこそ伝えられるものがあると思う。観劇してくださった方の心に残るような舞台に仕上げたい」と気持ちをひとつにしていました。

公演は全9回。舞台ファンはもちろん、これまで演劇に興味がなかった人の心にもきっと届く熱演に乞うご期待です!

燈火の中、貴方を想ふ
会期:4月11日(水)~15日(日)
会場:ぽんプラザホール(福岡市博多区祇園町8-3)
チケット:前売り・予約/S席 5,000円、自由席4,000円、平日昼割3,000円(当日はS席、自由席ともに500円増)
前売り券はチケットぴあで発売中 Pコード:485-587
公演の詳細はこちらをチェック☆

※情報は2018.4.5時点のものです

ぽんプラザホール

住所福岡市博多区祇園町8番3号
URLhttp://www.pomplazahall.jp/

この記事もおすすめ