イタリア『トリノのモジュラルテ四重奏団』コンサート [5/10]

イタリアの「トリノ・モジュラルテ四重奏団」クラッシックコンサートが5月10日(木)、福岡市中央区舞鶴のあいれふホールで開催されます。4人のアーティストによる珠玉のコンサートにご期待ください。

TORINO Quartetto Modul@rte
トリノのモジュラルテ四重奏団

2018年5月10日(木曜日)
開演時間: 19:00 (開場時間18:30)

料金:前売券4,000円(税込)当日券5,000円(税込)学生チケット2,000円(税込)
※当日のみ会場で販売。要学生証提示

会場:あいれふホール(福岡市中央区舞鶴2丁目5番1号)

お問い合わせ

イタリア会館 ・ 福岡
Tel. 092-761-8570
http://www.italiakaikan.com
info@italiakaikan.com

ジャブアップ
Tel.092-738-9088

主催:イタリア文化会館 大阪/イタリア会館・福岡/ジャブアップ

協力:福岡日伊協会/コルダムージカ

■チケットぴあ
TEL 0570-02-9999
Pコード107-675
※24時間/セブンイレブン、サークルK・サンクスでチケットの直接購入、インターネットや電話で予約・購入済みのチケットの発券可
チケットぴあ お問い合わせ専用ダイヤル TEL 0570-02-9111(24時間/オペレーター対応は10:00〜18:00)

■ローソンチケット
TEL 0570-084-008
Lコード82514
※0570から始まるダイヤルはPHS・一部携帯・ケーブルTV接続電話・IP電話使用不可/WEB・モバイルサイトローソンチケドットコムからチケット予約・購入可/ローソン、ミニストップのLoppi(店頭端末/24時間)でチケット購入可
ローソンチケット お客様インフォメーションTEL 0570-000-777(10:00〜20:00)
※0570から始まるダイヤルはPHS・一部携帯・ケーブルTV接続電話・IP電話使用不可

プログラム
W.A.モーツァルト  ピアノ四重奏曲 第2番変ホ長調 kv.493
J.ブラームス     ピアノ四重奏 op.25 ト短調
P.マスカーニ
E.モリコーネ
N.ロータ
N.ピオヴァーニ
R.シューマン
G.ロッシーニ   第1ソナータ

演奏者
Silvio Bresso
シルヴィオ・ブレッソ(ヴァイオリン)
Luca Brancaleon
ルカ・ブランカレオン(ピアノ)
Ferdinando Vietti
フェルディナンド・ヴィエッティ(チェロ)
Maurizio RedegosoKharitian
マウリツィオ・レデゴーゾ・カリティアン(ヴィオラ)

プロフィール

Silvio Bresso シルヴィオ・ブレッソ(ヴァイオリン)
ジュゼッペ・ヴェルディ国立音楽院(トリノ)を最優秀で卒業。奨学特待生としてキジアナ・アカデミーにてF.グッリ、クレモナスタッフェルカデミーにてS.アッカルド、ジュネーブ音楽院にてC.ロマーノに師事。ヴィオッティ国際コンクール優勝をはじめ、様々なコンクールにて受賞歴がある。
ミラノ国営放送管弦楽団、ローマオペラ座をはじめ、数多くのオーケストラにてZ.メータやR.ムーティの指揮のもとコンサートマスターを務めた。
また、マントヴァ室内合奏団のソリストとしてヨーロッパをはじめアメリカ、アジアツアーに参加した。
現在、南スイス管弦楽団との共演を努める一方、ジュゼッペ・ヴェルディ国立音楽院のヴァイオリン主任教授を務めている。
また、modul@rt四重奏の主宰としてヨーロッパ各地の音楽祭に参加している。

Luca Brancaleon ルカ・ブランカレオン(ピアノ)
ジュゼッペ・ヴェルディ国立音楽院(トリノ)ピアノ科にてR.レモリに師事、卒業。A.ロンクイッチの下で同大学院を卒業。キジアーナ・アカデミーにおいてR.ブレンゴラに師事、専修課程を修了。トリオ・トリエステとして国際室内音楽学校にてディプロマを取得。
国内外の多くのコンクールで優勝。主なものに1989~2003年トリノ国営放送管弦楽団に所属した後、現在イタリア国営放送管弦楽団に在籍。
トリノ音楽院、チェゼナ音楽院のピアノ科教授を務めている一方、トリノ市の国立レッジョ劇場の音楽監督を務めている。
また、アリストン社やストラディヴァリウス社レーベルによるレコーディングが多数ある。

Ferdinando Vietti フェルディナンド・ヴィエッティ(チェロ)
トリノ出身。5歳よりA.モスカよりチェロの手ほどきを受ける。
D.デステファノに師事したのち、E.ディンド、V.チェッカンテイ、J.ベルガー、J.ゴリツキのもとで研鑽を積み、数多くの国際コンクールにて入賞を果たす。
彼の活動は、多岐に渡りソロや室内楽やオーケストラをはじめ、ロックやタンゴのジャンルでも活躍している。中でもベルリンフィルハーモニ室内合奏団、フルーティストのアンドレア・オリヴァー、ベートーヴェンピアノ四重奏団との共演が特筆される。
現在、トリノ国営放送管弦楽団、カリアリ歌劇場管弦楽団、スイスOSJ交響楽団のソロ首席奏者として活動をしている。

Maurizio Redegoso  マウリツィオ・レデゴーゾ(ヴィオラ)
イタリアで学んだのち、パリ国立音学院にて学ぶ。
オネゲル弦楽四重奏団の創設メンバーとして数多くの国際コンクールで受賞を果たす。
これまで、首席ヴィオラ奏者として、ヨーロッパ室内管弦楽団、ハイドン室内管弦楽団、ヴェネツィア室内合にて活動した。
現在、イタリア国営放送管弦楽団、サンタチェチェーリアアカデミーに客演し、E.モリコーネをはじめ数多くの初演に携わっている。
デッカ社、ストラディヴァリウス社など数多くの主要レーベルのレコーディングに参加。
2010年より様々なプロジェクトに関わり、アルメニア音楽の父ヴァルダペットに捧げたCDの出版にも携わっている。

イタリア会館・福岡のブログはこちら

※情報は2018.4.29時点のものです

あいれふ(福岡市健康づくりサポートセンター)

住所福岡市中央区舞鶴2-5-1
TEL092-751-7778
URLhttp://www.kenkou-support.jp/

この記事もおすすめ