若い才能を発掘!「福岡アジア映画祭2018」を開催【7/6-8】

「第32回福岡アジア映画祭2018」7月6~8日、福岡市のアンスティチュ・フランセ九州で開かれます。1987年に始まり、すべてボランティアによって企画・運営される全国でも珍しい市民映画祭イベントです。“知られざる新しい若い才能の発掘”を目的に、アジア各地から情報を集めて選んだ話題の5作品が上映されます。

上映作品は、日本・韓国合作「ゴーストマスク〜傷〜」、日本映画「熊野から・イントゥ・ザ・新宮」、フィリピン映画「トト/TOTO」など。

才能はあっても日本や世界でまだ広く知られていない若い監督たちの作品が見られます。ぜひ足を運んでみてください。

 

第32回福岡アジア映画祭2018

◆日時:2018年7月6日~8日 

◆会場:アンスティチュ・フランセ九州 5Fホール(福岡市中央区大名2-12-6)

◆主催・問い合わせ:福岡アジア映画祭実行委員会 TEL092-733-0949

◆ホームページはこちら

■当日券:一般1,800円、学生・シニア1,000円

■前売券:1作品1,400円、5作品6,000円、10作品回数券10,000円

 

※情報は2018.6.15時点のものです

アンスティチュ・フランセ九州

住所福岡市中央区大名2-12-6

関連タグ

この記事もおすすめ