国内唯一!ライフセーバーの国際大会が百道浜で開催! 6/23・24

6月23日(土)・24日(日)、シーサイドももち海浜公園で国内唯一のライフセーバー国際大会「三洋物産 インターナショナル ライフセービングカップ 2018」が開催されます。

ライフセービングスポーツは、「レスキューを想定した競技種目」を「生命を救うスポーツ」としてライフセーバーが取り組むものです。

事故は未然に防ぐことが重要ですが、実際に事故が起こった場合に、大きな波や強い潮の流れの中で、救助活動しなければなりません。そのためライフセーバーは日頃からトレーニングを欠かさず、救助に必要な技術を磨いています。そしてその成果を競い合うライフセービングスポーツの競技種目は、実際の救助活動をシミュレーションしたものがベースとなっています。

昨年のこの大会が1つのきっかけとなり、百道浜でのライフセービング活動の機運が生まれ、今では大学生を中心とした地域の活性化につながっています。

世界最高峰のライフセーバーによる、鍛えられた肉体と自然に挑む勇気を見届けてみませんか?

 

三洋物産 インターナショナル ライフセービングカップ 2018
◆日程:
2018年6月23日(土)・24日(日)
◆場所:シーサイドももち海浜公園 百道浜地区東側(福岡県福岡市早良区)
◆料金:観戦無料
イベントの詳細はこちら

写真:日本ライフセービング協会

※情報は2018.6.22時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ