『何にでも牛乳を注ぐ女』が話題の井上涼さんが来福!【ライブレポ】

  • 2018.6.25

世界の「びじゅつ」を歌とアニメで紹介する、NHK Eテレの番組「びじゅチューン!」。九州国立博物館で開催中の「至上の印象派展」の関連イベントとして、番組内で美術作品をテーマにしたオリジナルソングを手がける、アーティスト・井上涼さんによる「びじゅチューン!『井上涼の印象派ライブin福岡』」が、6月2日(土)に開催されました。

至上の印象派展 ビュールレ・コレクション
「至上の印象派展 ビュールレ・コレクション」アルトネ読者特別クーポン

ライブは同日2回の開催で、各回280名の定員に対して応募数は約4倍! 残念ながら当選を逃してしまった方々、さらに全国の「びじゅチューン!」ファンのみなさまに、その内容を詳しくお届けいたします!

ライブは11時30分~、14時~の開催で、筆者が潜入したのは11時30分からの1回目。11時の開場時間前に行ってみると、長蛇の列。人気ぶりがうかがえます。

会場は九州国立博物館1階にある、ミュージアムホール。満席の会場は、小さなお子さんから大人まで幅広い年齢層の人たち。井上さんが生みだす、あの何ともいえないゆるやかな曲とアニメーションは、老若男女問わず夢中になるということですね。わかります。

会場風景より

会場風景より

会場の興奮が徐々に高まり、いよいよ開幕です!
……ん? ですが、現れたのは司会の井芹美穂さんのみではありませんか。
井上さんの会場入りが遅れていて、ただいまこちらに向っているとのアナウンス。

井芹さんから「びじゅチューン!」の番組紹介がひとまずされるものの、まだ井上さんは現れません。「それでは、お待ちの間に『通勤フロム山水長巻』を映像とともにお聴きください」と曲と映像を流し始めました。すると途中から映像に太宰府天満宮から九州国立博物館へと向かっている井上さんの姿が。まさかのライブ映像!?

あれ?余裕ぶっこいて、梅ケ枝餅食べてませんか?

あれ?余裕ぶっこいて、梅ケ枝餅食べてませんか?

太宰府天満宮の橋のところで走り出しました。急いで急いで!

太宰府天満宮の橋のところで走り出しました。急いで急いで!

固唾を飲みながら映像に見入っていると……背後から歌声が! 井上さんがホール入口から現れたのです。観客のみなさんと握手やハイタッチを交わしながら、ステージへと向かいます。何とも粋な演出じゃないですかっ。

あらためてのご挨拶。さきほどの曲『通勤フロム山水長巻』が、実は2年前に九州国立博物館を訪れた時に、「館のみなさんはこんなに長い通勤路を毎日通っているんだ」と思ったのがきっかけだったという制作エピソードや、「今日はみなさん、どこから来られたんですか?」と会場に質問したりする井上さん。どんどん観客の心をつかんでいきます。

「一番遠くから来たと自信がある人!」と観客に投げかける井上さん。
この回では、長崎や宮崎など、県外から来た方もいらっしゃいました。

「一番遠くから来たと自信がある人!」と観客に投げかける井上さん。
この回では、長崎や宮崎など、県外から来た方もいらっしゃいました。

会場がウォーミングアップされたところで、いよいよ曲のスタート。MCで「至上の印象派展」での見どころ作品や、井上さんおすすめ作品などを紹介し、その作品の作者に関する曲を歌いあげていきます。

ゴッホの《日没を背に種まく人》がスクリーンに映し出されると、会場のあちらこちらから「あ~」という声が。「こんなに反応があるのは、福岡会場がはじめてですね。皆さんノリがいいんですね。モツ鍋食べてるから?」と笑いも誘います。

ゴッホの《日没を背に種まく人》がスクリーンに映し出されると、会場のあちらこちらから「あ~」という声が。「こんなに反応があるのは、福岡会場がはじめてですね。皆さんノリがいいんですね。モツ鍋食べてるから?」と笑いも誘います。

『レーサーはゴーギャン』『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』など、「至上の印象派展」の出品作家に関する曲を次々と歌っていきます。

『レーサーはゴーギャン』『ひまわりがお掃除しちゃうわよ』など、「至上の印象派展」の出品作家に関する曲を次々と歌っていきます。


ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》の解説なども。

ルノワールの《イレーヌ・カーン・ダンヴェール嬢(可愛いイレーヌ)》の解説なども。

いわゆる一般的なライブのように、歌とMCで構成されるものだろうと思っていましたが、そこはさすがのEテレ番組。モネの『睡蓮』を題材にしたクイズコーナーや、また会場からリクエストしてもらった曲を歌うコーナーもあったりと、息つく間もなく楽しませてくれます。会場には、未就学児のお子さんもたくさんいたにも関わらず、ぐずる子がまったくいません。これぞEテレ&井上マジック!

クイズコーナー。三択より挙手で選んでもらって、一番多かった回答が見事正解。
井上さんからのプレゼントとして次に歌った『睡蓮ノート』は会場全員が撮影OKタイムに。

クイズコーナー。三択より挙手で選んでもらって、一番多かった回答が見事正解。
井上さんからのプレゼントとして次に歌った『睡蓮ノート』は会場全員が撮影OKタイムに。

リクエストコーナーでは、「びじゅチューン!」で発表した全曲より3曲をリクエストしてもらい、その中から1曲を選んで歌いました。『雨は愛すが人逃げる』『特急三日月宗近』『武蔵の遅刻理由』がリクエストされ、会場の拍手の多さから『武蔵の遅刻理由』が歌われました。

リクエストコーナーでは、「びじゅチューン!」で発表した全曲より3曲をリクエストしてもらい、その中から1曲を選んで歌いました。『雨は愛すが人逃げる』『特急三日月宗近』『武蔵の遅刻理由』がリクエストされ、会場の拍手の多さから『武蔵の遅刻理由』が歌われました。

最後は、いまYouTubeなどでも高い注目を集める『何にでも牛乳を注ぐ女』の曲で、大盛り上がりとなり、ライブは幕を閉じました。

会場外には、「びじゅチューン!」のフォトスポットもありました。とことん、サービス精神旺盛です。

 

それにしても、あんなにもユニークな曲はどうやって生み出されているのでしょう……? 筆者と同じく読者のみなさんも知りたいですよね? ということでライブの後に、インタビューも決行しました。あらためてまたアルトネ記事にて紹介するので、ご期待ください。

なお、「びじゅチューン!」は毎週水曜日19:50からEテレで放送されていますので今後の放送もお楽しみに。

ライター:木下貴子

※情報は2018.6.25時点のものです

ARTNE(アルトネ)九州・山口のアート情報サイト

 「ARTNE」(アルトネ)とは、 九州・山口の展覧会情報やアートに関連した情報を発信するWEBマガジンです。さまざまなアート情報を積極的に発信し、九州・山口を中心とした多くの美術ファンに展覧会をさらに楽しむきっかけを提供します。九州・山口を中心とした展覧会スケジュールの最新情報、展覧会の割引クーポンなどが盛りだくさん!何か楽しいことが「あるとね?」と覗いてみてください。

https://artne.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ