福岡の管弦楽団「紬」がウィーン交響楽団の元コンマスと共演[9/23]

福岡で活動しているアマチュアオーケストラ「」の第16回定期演奏会が9月23日(日)、福岡県粕屋町のサンレイクかすやで開かれます。

紬は「様々な年代、職業の人間が、同じステージで一つの音楽をつむぎたい」という思いを込めて2009年12月に結成されたオーケストラ。指揮者には、福岡出身で、現在名古屋フィルハーモニーオーケストラでクラリネット奏者として活躍する井上京氏を迎えています。

第16回定期演奏会では、ウィーン交響楽団の元コンサートマスター、ビルギット・コーラ氏と共演します。世界的に活躍するバイオリン奏者の演奏を生で聴くことができるこの機会に、ぜひ足を運んでみてください。

管弦楽団紬 第16回定期演奏会
日時:2018年9月23日(日・祝) 14:00開演、13:30開場
会場:サンレイクかすや さくらホール(福岡県粕屋町駕与丁1-6-1)
料金:全席自由1,000円

<曲目>
ドヴォルザーク/交響曲第7番
ドヴォルザーク/ヴァイオリン協奏曲
モーツァルト/ アイネ・クライネ・ナハトムジーク

指揮:井上 京(名古屋フィルハーモニーオーケストラ・クラリネット奏者)
ソリスト:ビルギット・コーラ(ウィーン交響楽団元コンサートマスター) 

※オーケストラ「紬」のホームページはこちら
※チケットの取り扱いはこちら

※情報は2018.7.27時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ