崇福寺で夏祭り。非公開の境内でスタンプラリーも[9/24]

福岡藩主ともゆかりがある禅宗の名刹(めいさつ)、福岡市博多区千代の崇福寺(岩月海洞住職)で24日午後5~9時、地区活性化を目指すイベント「崇福寺地蔵盆 千代四丁目自治会夏祭り」が初めて開かれる。灯明で地蔵堂を彩るほか、普段は非公開となっている境内各所と隣接する黒田家墓所でスタンプラリーなど多彩なイベントがある。

神屋宗湛ゆかりの宗湛庵。特別公開される

周辺地区は、道路の区画整理でワンルームマンションが増加。子どもたちが集える文化的な催しをと、短大講師の尾畑圭祐さん(40)ら地元の有志や岩月住職らが境内の朝日地蔵の地蔵盆に合わせて企画した。

祭りの名物となりそうなのが境内の歴史的建造物を探索できるスタンプラリーだ。旧福岡城の本丸表御門から移築された山門をスタート。名島城(東区)から移された唐門などを回り、方丈(本堂)、博多の豪商・神屋宗湛が作った茶室を模した宗湛庵などの名所を歩く。藩祖の黒田官兵衛(如水)ら歴代藩主が眠る黒田家墓所がゴールとなる。

今年の博多祇園山笠で街を駆けた千代流(ながれ)の舁(か)き山笠が山門で公開されライトアップもある。抹茶の接待、親子連れにはヨーヨー、スーパーボールすくい、花火も楽しめる。

崇福寺=092(651)0398。

崇福寺に隣接する黒田家墓所。藩祖如水らの歴代藩主の墓(右)がある

※情報は2018.8.23時点のものです

崇福寺

TEL092(651)0398

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

関連タグ

この記事もおすすめ