壱岐で映像&バンド・デシネ展【長崎しまの芸術祭】[9/28-10/11、11/10-11/25]

美しい海とグルメでおなじみの長崎の島、壱岐。福岡からは高速船で約65分と交通の便もよく、ファンも多いですよね。
そんな壱岐が、今週から11月にかけてアートイベントアーティスト・イン・アイランド@壱岐で盛り上がるとか。参加者の一人、福岡在住のバンド・デシネ(フランスの漫画)作家でイラストレーターのヴァンサン・ルフランソワさんが、長崎県文化振興課の山浦義次さんと一緒にイベントのPRにファンファン福岡編集部にやって来てくれました!

福岡在住のバンド・デシネ作家ヴァンサン・ルフランソワさんと長崎県文化振興課の山浦義次さん

福岡在住のバンド・デシネ作家ヴァンサン・ルフランソワさんと長崎県文化振興課の山浦義次さん

しまの魅力発信「長崎しまの芸術祭」
長崎県には971もの島があるってご存じですか? これは2位の鹿児島県(605)をぶっちぎりに離して日本一。国境の島「対馬」、玄界灘に浮かぶ「壱岐」、東シナ海に連なる「五島列島」、県北の「平戸諸島」、西彼杵半島と長崎半島に沿って点在する「西彼諸島」。それぞれが美しい自然に恵まれ、個性を放っています。

長崎県では、そんな島の魅力をもっと発信しようと、「長崎しまの芸術祭」を7月から2019年3月3日(日)まで開催。県内の各離島を舞台に、東京芸術大学の指導者や長崎ゆかりのアーティスト、海外アーティストなどと演奏会やアートイベントを開いています。

壱岐では「アーティスト・イン・アイランド@壱岐」と題して9月28日(金)~10月11日(木)に映像作品展示、11月10日(土)~25日(日)にバンド・デシネ作品展示を行います。

 

壱岐に伝わる鬼の伝説が描かれたヴァンサンさんの作品

壱岐に伝わる鬼の伝説が描かれたヴァンサンさんの作品から

壱岐をテーマにしたバンド・デシネ
ヴァンサンさんは昨年から数度壱岐に滞在し、壱岐をテーマにしたバンド・デシネを制作しました。「実は、この企画の話があって昨年初めて壱岐に行ったんです。訪れて気が付きました。福岡に長く住んでいながら、こんな近くにこんな素晴らしい場所があることを知らなかったなんて!」と自責のコメント。

「古墳などの歴史のことや鬼の伝説、美しい自然。インスピレーションをたくさん受けて、たくさんストーリーが出てきました!」。自分でもびっくりするほどだったと教えてくれます。

壱岐で出合った自然や伝説に多くのインスピレーションを与えられたとヴァンサンさん

壱岐で出合った自然や伝説に多くのインスピレーションをもらったとヴァンサンさん

壱岐の名産、焼酎についても取材

壱岐の名産、焼酎についても取材

1 / 2

関連タグ

この記事もおすすめ