生活に役立つ科学技術を九大・伊都キャンパスで体験しよう!【Science World 2018】

九州大学は、身の回りの生活に役立つ科学技術に関して、さまざまな研究を行っています。今年で19回目を迎える「サイエンスワールド2018」は、学生の研究活動を含め、これからの未来を担う生徒児童に科学技術への関心を高められる、さまざまな技術を体験できるイベントです。

昨年の開催模様

昨年の開催模様

昨年の開催模様

昨年の開催模様

当日は、実際の研究装置やパネル・実験器具・CG(コンピュータグラフィックス)などを使って、わかりやすく楽しいイベントが多数実施されます。なお、「サイエンスワールド2018」は、移転が完了した新キャンパス、伊都キャンパス で開催されます。伊都キャンパス入口付近のセンターゾーンでは「第71回九大祭」も行われますので、併せて足を運んでみてはいかがでしょうか。

■各研究室の紹介
・材料強度学研究室「ドキドキ★マシュマロチャレンジ」
・システム工学研究室「筋電で走るミニ四駆!!」
・機械波動音響学研究室「目に見えない変化を体感しよう!」
・機械振動学研究室「振動の面白さを体感せよ!」    など

■学生活動紹介
・九州大学ロボコンチームKURT「オイデヨ☆ロボットパーク」
・九州大学鳥人間チーム「挑戦! 鳥人間コンテスト!!~飛ばなきゃならないワケがある!~」など

■特別企画
・日本船舶海洋工学会および海洋システム工学部門(共催)「海と船を知る教室」
・燃料電池自動車 ~未来のエネルギー「水素」で走る車~

Science World 2018
日時:10月6日(土)・7(日) 10:00~17:00
(10月6、7日は同キャンパス内で「第71回九大祭」が同時開催されます!)
場所:九州大学 伊都キャンパス ウエスト4号館2階中央ホール(キャンパスマップはこちら
主催:九州大学 工学部
後援:福岡県、福岡市、糸島市、福岡市教育委員会、糸島市教育委員会
協力:社団法人 日本機械学会

問い合わせ:Science World 2018 実行委員会
電話番号:080-5711-1551
メール: saiensuwaarudo2018@gmail.com
教員責任者:工学研究院 機械工学部門准教授 石川 諭
イベント総責任者:溝口 友樹

※情報は2018.10.2時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ