ZOZO前澤社長所有絵画でも知られるバスキア。彼の生きたNYを写真展で体感!【ハーゲンバーグ氏インタビュー】

  • 2018.10.12

エキサイティングだった1980年代のNYの息遣いをいきいきと伝える写真展「バスキアとNYアーティストたち Roland Hagenberg 写真展」が、ただいま三菱地所アルティアム(イムズ8F)で行われています。ライターで写真家のローランド・ハーゲンバーグが会場入りしたタイミングで、いったいどんな写真群なのかを聞きました。

バスキアとNYアーティストたち Roland Hagenberg 写真展
「バスキアとNY アーティストたち Roland Hagenberg写真展」 アルトネ読者特別クーポン

 

ー今回展示されているのは、1980年代のNYのアーティストたちの姿ですが、その時代のNYはいったいどんな街だったのでしょうか?

ローランド・ハーゲンバーグ(以下ハーゲンバーグ):私には持論があって、それは、ある都市が世界を支配するタイミングがあるというものです。1950年代は、ピカソやマティスがいたパリ。1960年代は、独自の音楽が花開いたロンドン。そして1980年代に最も人々を惹きつけたのが、NYでした。
その当時は、今のようにインターネットが普及していませんから、アーティストが体ごとNYに行かなければならない時代。アーティストとして名を上げたい、成功したいと思う人は、みんな物理的にNYに「いる」ことが必要でした。そしてまた、今とは違ってソーホーやイーストビレッジのスタジオが安く借りられたため、お金がなくて希望を胸に燃やした人々が集まってきやすかったのです。
一方で当時は、薬物や犯罪などの危険と隣り合わせの街でもありました。そんなデンジャラスでファンタスティックな街が、1980年代のNYでした。

ーハーゲンバーグさんは、どういう経緯でNYにたどりつき、アーティストとの親交を持つようになったのですか?

ハーゲンバーグ:私は、オーストリアのウィーンで生まれ育ち、ライターとして仕事をしていました。やはり当時のNYの魔力に惹かれていて、ドイツの「Berliner Kunstblatt」誌でNYのアートシーンについて書く仕事があり、1982年に初めてNYにやってきました。
当時、NYの街はグラフィティで溢れかえっていました。そして落書きだったグラフィティが、アートとして認められ始めていた時でした。キース・ヘリングやジャン=ミッシェル・バスキアたちの作品が、ストリートからギャラリーに展示されるようになってきていたのです。
私はもともとライターなので、写真家のように、最初から構えて写真を撮ることはしませんでした。「やあ、こんにちは。ちょっと話を聞かせてくれませんか?」とスタジオを訪ね、様々な話をしてから、ここに展示してある写真を撮ったのです。だから彼らの自然な姿を捉えることができたのだと考えています。

ー最初のゾーンは、そのジャン=ミッシェル・バスキアの写真ですね。彼とのエピソードを教えてください。

ハーゲンバーグ:彼はそんなに社交的な人物ではありませんでした。私が会った当時は23歳でしたが、既にアーティストとして人気があり、スタジオにこもって作品作りを行っていました。ジュリアン・シュナーベルが撮った映画「バスキア」を見ましたか? 私はあの映画の中で再現されていた乱雑なスタジオですら、キレイすぎると思いましたよ(笑)。そのくらい、実際にはダークでカオスな場所でした。
私の写真は、記録としても意味があると思います。あるバスキアのコレクターは、私の写真を見て「ぼくの持っている絵とは違う!」と言いました。バスキアの制作途中でまだ完成形とはちがう作品の姿が収められていたからです。また、まるでジャクソン・ポロックのように、床に作品を置いて制作していた姿も、これらの写真がなければ今に伝わらなかったでしょう。
残念ながらこの時既に彼は、ドラッグに依存していました。この4年後にはこの世を去ってしまいます。

ー特にユニークな作品はありますか?

ハーゲンバーグ:私が多くのアーティストをインタビューしたテープが出てきました。展覧会場ではその中から、バスキアとの会話を3分ほど聞けるようにしています。それを聞けばわかるのですが、私とアーティストとの会話は、予定調和的ではまったくありません。アーティストは自分勝手ですし、私もまたハンターのように食らいついたので、対立することもありました。まるで戦いのようです(笑)。このバスキアとの会話にも、途中彼が「出て行け!」と感情的になる様子が収められています。ただし、その後私の意図を理解して、インタビューに応じてくれるのですが…。

ーちなみにハーゲンバーグさんのお気に入りの写真を教えてもらえますか?

ハーゲンバーグ:この腕を組んでいるバスキアの写真です。憂鬱そうで物思いにふけっています。こういう姿が、彼の本当の姿のように思えるので、気に入っています。

ーハーゲンバーグさんが、いま魅力を感じている都市はありますか?

ハーゲンバーグ:アートという文脈で言うと、かつてのように一都市が魅力的だった時代はもうやってこないと思います。世界中のどこにいても繋がれるというテクノロジーは、一方でクリエイティブであることの邪魔をする面もあると思うのです。
私がいま興味を持っているのは、日本の建築です。400年前に生まれたミニマリズムを、現代の日本の建築家たちが体現しているのをおもしろく感じています。

ライター:  浅野 佳子

※情報は2018.10.12時点のものです

ARTNE(アルトネ)九州・山口のアート情報サイト

 「ARTNE」(アルトネ)とは、 九州・山口の展覧会情報やアートに関連した情報を発信するWEBマガジンです。さまざまなアート情報を積極的に発信し、九州・山口を中心とした多くの美術ファンに展覧会をさらに楽しむきっかけを提供します。九州・山口を中心とした展覧会スケジュールの最新情報、展覧会の割引クーポンなどが盛りだくさん!何か楽しいことが「あるとね?」と覗いてみてください。

https://artne.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ