勇壮でユーモラスな舞で観客を魅了【庄内神楽祭り・庄内町ふるさと祭り】

神楽の里、大分県由布市庄内町の庄内町総合運動公園で毎年開催される「庄内神楽祭り・庄内町ふるさと祭り」。今年は11月3日(土・祝)、4日(日)に開かれます。

「庄内神楽祭り」には、庄内神楽を継承する町内神楽座のほか、地元の保育園児や高校生などの多くの神楽団体が一堂に会します。朝から夕方まで神楽殿で舞いが繰り広げられます。一日中、神楽三昧で過ごすことができます。

4日には、広島県や島根県、大分県豊後大野市の神楽座も出演します。同時開催の「庄内町ふるさと祭り」には、特産品の展示販売をはじめ40店以上が出店。子供広場などもあるのでファミリーで訪れるのにもぴったりです。

伝統芸能 庄内神楽とは
安永7年(1778年)に社家集団による神楽が奉納されたという記録が残っている庄内神楽。現在では12の神楽座があり、庄内地区系と阿蘇野地区系の2流派があります。どちらもテンポが速くにぎやかな太鼓や笛とお囃子(はやし)、舞いは勇壮かつ華麗、時にユーモラスな動きで観客を魅了します。(大分県観光情報公式サイトより)

庄内神楽祭り・庄内町ふるさと祭り
日時:11月3日(土・祝)、4日(日) 
会場:庄内総合運動公園内神楽殿(大分県由布市庄内町大龍1400) 
問い合わせ:由布市 庄内振興局地域振興課
 電話:097-582-1111
庄内神楽の詳細はこちら  

※情報は2018.10.14時点のものです

住所大分県由布市庄内町大龍1400
TEL097-582-1111
URLhttps://shonai-kagura.jimdo.com/

関連タグ

この記事もおすすめ