太宰府の伝統と革新的なフラワーアート ニコライ・バーグマン「伝統開花」10/10~10/13

デンマーク出身のフラワーアーティスト、Nicolai Bergmann(ニコライ・バーグマン)氏の展示会「1100年の伝統と革新的なフラワーアートの融合 ニコライ・バーグマン『伝統開花』」が10月10日~13日、太宰府天満宮で開催されます。

 

ニコライ氏は1988年の来日以来、北欧のスタイルと日本の繊細な感性を融合させた独自のフラワーデザインを確立。東京・南青山のNicolai Bergmann Flowers & Design Flagship Store(ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン フラッグシップストア)をはじめ、国内外に7拠点を設け、ウェディングやイベント、企業とのコラボレーション展開などワールドワイドに活躍の幅を広げています。

 

今回の展示会では、ニコライ氏が太宰府天満宮の1100年以上の伝統と歴史からインスピレーションを受けた新作約50点が披露されます。

太宰府天満宮

太宰府天満宮

期間中は、太宰府天満宮とコラボレーションした限定フラワーボックスも販売予定。

秋の太宰府で北欧と日本、太宰府天満宮の伝統と革新的なフラワーアートの融合をお楽しみください。

 

■開催日時:10月10日(金)~13日(月・祝)

■場所:太宰府天満宮 宝満宮竈門神社

■入場料:野外展示無料、一部屋内展示500円 ※12歳以下は屋内展示も無料

■イベントの問い合わせは、Nicolai Bergmann Flowers & Design(ニコライ バーグマン フラワーズ&デザイン)=03-5464-0716(平日10:00~18:00)

E-mail:info@nicolaibergmann.com

 

※情報は2014.9.10時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ