大分県竹田市で「アート・クラフトフェアin TAKETA」開催

 大分県竹田市は、音楽家・瀧廉太郎や彫刻家・朝倉文夫など幅広い分野の芸術家を輩出してきました。現在、同市の人口は約22,000人。そこに40人を越すクリエイターが移り住み活動中です。

 竹田が育んだ文化芸術を支える背景を受け継ぎ、行政の充実した支援体制で「つくり手」の活動を支えるイベント「アート・クラフトフェアin TAKETA」が11月24日(土)、25日(日)の2日間、初めて開催されます。

 今回のイベントでは、全国から選抜された全27名の作家の作品を見ることができます。いずれも第一線で活躍中のギャラリーオーナー、バイヤーといった選考委員による厳正な審査を経て選ばれた作家による品々です。

 会場は10月に誕生したばかりの竹田市総合文化ホール<グランツたけた>。
 展示販売されるのは、陶磁器、木工、染・織、竹、ガラス、アクセサリーのほか、日常の暮らしに寄り添う器や調理器具、カゴ、花器、衣類など作家によるこだわりの作品ばかりです。竹田市に活動の拠点を置き、もの作りに励む作家5名も参加します。

竹田市内の作家 岩田淳子さんの竹カゴ

竹田市内の作家 岩田淳子さんの竹カゴ

竹田市内の作家 高木逸夫さんのマグカップ

竹田市内の作家 高木逸夫さんのマグカップ

竹田市内の木工作家 豊田豪史さんのバターナイフ

竹田市内の木工作家 豊田豪史さんのバターナイフ

 イベント当日は、前述のグランツたけた大ホールでのイベント以外にも、竹田城下町のアートスポット巡りや紅葉に彩られた岡城跡の散策なども楽しめます。

 作家さんとの会話を楽しみながら、作品を手にとりながら、明日の暮らしをつくるあなただけの逸品を見つけてみませんか。

会場は今年10月オープンの竹田市総合文化ホール<グランツたけた>

会場は今年10月オープンの竹田市総合文化ホール<グランツたけた>

 

アート・クラフトフェア in TAKETA
日時:11月24日(土)、25日(日) 10:00~17:00
場所:竹田市総合文化ホール・グランツたけた大ホール( 大分県竹田市大字玉来1-1)
主催:文化庁、厚生労働省、大分県、大分県教育委員会、竹田市、竹田市教育委員会、第33回国民文化祭大分県実行委員会、第18回全国障害者芸術・文化祭実行委員会、第33回国民文化祭、第18回全国障害者芸術・文化祭竹田市実行委員会
問い合わせ:竹田市役所文化政策課内「アート・クラフトフェア in TAKETA」事務局
電話:0974-63-4837(平日8:30~17:00)
アート・クラフトフェア in TAKETAの公式サイト

※情報は2018.11.8時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ