演舞で太宰府をPR! 覆面和踊り集団「太宰府まほろば衆」の定期公演

 九州・山口を拠点に活動する演舞チーム「覆面和踊り集団『太宰府まほろば衆』」が、定期公演「和踊舞台 宰(SAI)」を11月23日(日・祝)から12月にかけて5回、太宰府市地域活性複合施設「太宰府館」で開催します。

 「太宰府まほろば衆」は、覆面や笠で顔を隠すことで劇中のキャラクターをより際立させるという、独自のスタイルで演舞を披露します。

 

 コンセプトは「太宰府の伝統と文化を、和踊りを通して表現し伝える」。和太鼓や笛で生演奏するオリジナル楽曲もステージを盛り上げます。迫力のある音と踊りを体感しに太宰府を訪れてみては。

覆面和踊り集団 太宰府まほろば衆 定期公演「和踊舞台 宰(SAI)」
日時:11月23日(金・祝)、29日(木)、12月3日(月)、11日(火)、25日(木)
   11:30/13:30/15:30
場所:太宰府市地域活性化複合施設「太宰府館」3階 まほろばホール(太宰府市宰府3-2-3)
料金:1,000円
問い合わせ:太宰府まほろば衆事務局
電話:080-8885-5913
太宰府まほろば衆公式ホームページ

※情報は2018.11.16時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ