家具と服・雑貨の店「krank marcello」がイムズで初展覧会

 ビンテージ家具とアパレル・雑貨の店「krank marcello」(福岡市中央区警固)。代表の藤井健一郎、輝彦兄弟と制作スタッフが手掛けた彫刻作品やインスタレーションの展覧会「krank marcello ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた」が11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝)、福岡市・天神の三菱地所アルティアムで開催されます。

「ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた」

 ヨーロッパのビンテージ家具のリメイクや古い木製のオブジェを素材にした作品を展示するほか、手製のライトを使用して光や影の効果を組み込んだインスタレーションを展開します。

「クリスマスのこない街まで」

 本展のコンセプトは、「子どもの頃に感じていた未知なるものへの好奇心や空想へのときめきを大切にしたい」。普段、ショップ「krank marcello」で展開している幻想的な世界観を、アルティアムの広い空間で体感できます。

「木のはえた鹿」

 

krank marcello ぼくらはいつのまにか 虹にさわれないことをおぼえていた
日時:11月23日(金・祝)~2019年1月14日(月・祝) ※12/31、1/1は休館
場所:三菱地所アルティアム(福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8階)
料金:一般400(300)円、学生300(200)円、高校生以下無料 ※( )は前売り料金
主催:三菱地所
問い合わせ:三菱地所アルティアム
電話:092-733-2050

※情報は2018.11.19時点のものです

イムズ

住所福岡市中央区天神1-7-11
URLhttp://www.ims.co.jp/

関連タグ

この記事もおすすめ