博多伝統の町家に響く筑前琵琶の音、尾方蝶嘉演奏会

 筑前琵琶の奏者・尾方蝶嘉さんによる演奏会「~漆の町屋・箱嶋邸に響く音と語り~『琵琶・冬に聴く情けの心』」が12月15日(土)、福岡市東区馬出の国登録有形文化財・箱嶋家住宅で開催されます。

筑前琵琶を演奏する尾方さん

 尾方さんは13歳から琵琶を始め、2018年9月に開催された第55回琵琶楽コンクールでは2位入賞を果たした実力者。

 今回は忠臣蔵から「赤垣源蔵」「親鸞聖人~石の枕~」の2曲が演奏されます。

演奏会の様子

 江戸時代の建築様式を残す明治初期の町屋で、同じく明治生まれの筑前琵琶の音色を楽しんでみては。

 

尾方蝶嘉  ~漆の町家・箱嶋邸に響く音と語り~「琵琶・冬に聴く情けの心」
日時:12月15日(土) 14:00~16:00
場所:国登録有形文化財・箱嶋家住宅(福岡市東区馬出2-21-27)
料金:2,000円 ※先着30人
主催:国登録有形文化財 箱嶋家住宅、尾方蝶嘉
問い合わせ:国登録有形文化財 箱嶋家住宅
電話:090-5043-2107

※情報は2018.11.28時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ