初心者も楽しめる! アートコレクター宮津大輔氏の特別講演会

 サラリーマンから美大教授へ転身したアートコレクター・宮津大輔氏の特別講演会が、12月14日(金)に福岡市中央区渡辺通の電気ビル共創館で 、16日(日)は同区六本松の六本松蔦屋書店で開催されます。参加無料で、初心者の方でも楽しめる内容です。

 サラリーマンアートコレクターの草分け的存在である宮津氏による、アートコレクト初心者のための入門講座です。

 九州最大の現代アートの祭典「アートフェアアジア福岡」の実行委員会などが企画しています。「アートは見るもの」と思っている方に、ぜひ参加して欲しい講演会です。

サラリーマンから美大教授へ転身した「宮津大輔氏」

講師プロフィール
宮津大輔氏(みやつ・だいすけ)
 アートコレクター、横浜美術大学教授、京都造形芸術大学客員教授。1963年東京都出身。広告代理店、企業の広報、人事管理を経て現職。1994年より企業に勤務しながら、コレクションやアート収集に携わる。文化庁「現代美術の海外発信に関する検討会議」委員、「Asian Art Award 2017」審査員等等を歴任。2011年台北當代藝術館(台湾)でコレクション展を開催。著書に、「現代アート経済学」(光文社新書)、「現代アートを買おう!」(集英社新書)、「アート×テクノロジーの時代~社会を変革するクリエイティブ・ビジネス」(光文社新書)がある。


聞き手プロフィール

是川泰之氏(これかわ・やすゆき)
 TERRADA ART ASSIST代表取締役、寺田倉庫執行役員、横浜美術大学プロジェクト准教授。1979年兵庫県出身。大学卒業後、1年のアメリカ留学を経て、携帯電話向け動画配信サービスやインターネット事業会社の立ち上げに従事。2012年ワインやアートの保管事業で知られる寺田倉庫に入社。数多くのアート事業の立ち上げに、従事。( TERRADA ART ASSIST 株式会社、TERRADA ART COMPLEX、寺田倉庫寄付講座修復保存コース、TERRADA CONSERVATION LABORATORY)。


現代アートを買おう! サラリーマンコレクターの経済学

日時:12月14日(金)18:00~20:00(17:30受付開始)
会場:電気ビル共創館 カンファレンスB(福岡市中央区渡辺通2-1-82-3階)
料金:無料
定員:70名 ※先着順
主催:ART FAIR ASIA実行委員会、九州経済調査協会
問い合わせ:九州経済調査協会 BIZCOLI(担当:牟田、田中)
電話:092-721-4909
申し込みは九州経済調査協会公式ホームページ

講演内容:「資産家だけでなく、サラリーマンでも現代アートを買える」「若手作家と有名作家の価格差」「資産としての現代アート作品」
対象者:主にビジネスマン(経営者や会社員)

現代アートを買おう! お小遣いで買える現代アートコレクション入門
日時:12月16日(日)  14:00~15:30(13:30受付開始)
会場:六本松蔦屋書店 アートスペース(福岡市中央区六本松4-2-1 六本松421 2階)
料金:無料
定員:50名 ※先着順
主催:ART FAIR ASIA実行委員会
問い合わせ先:092-731-7760(六本松蔦屋書店)
Eメール:info@artfair.asia(ART FAIR ASIA実行委員会)
申し込みは六本松蔦屋書店の店頭または電話(092-731-7760)で

講演内容:「初めて絵を買おうと思ったきっかけ」「作品の購入前後に何が変化するのか」「作品を購入するときに気をつけること」
対象者:文化やアートに興味がある人、絵を買った経験がない人

※情報は2018.12.5時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ