「とりあえず福島のことを話そう in 福岡」9/21天神で開催

2011年3月11日に起きた東日本大震災から3年半が経ちました。

復興の状況、被災地の現状など、東北から遠く離れた福岡にいる私たちには分からないことが少なくありません。ただ、復興がまだ道半ばであること、まだまだ多くの支援が必要なことは確かです。

 

被災地の人たちはいま、どうしているのか。

九州で暮らす私たちにできることはないか。

 

とりあえず被災地の「いま」の話を聞いてみよう-。

そういう思いで、NPO法人JKSK女性の活力を社会の活力は9月21日午後2時、福岡市中央区天神の書斎りーぶる1Fで交流会「とりあえず福島のことを話そう in 福岡」を開催します。

 

ゲストは、福島県南相馬市在住の番場さち子さん。番場さんは放射能に脅かされながらも、震災後も南相馬に住み続けることを選んだ若い母親や子どもたち、高齢者をサポートする「ベテランママの会」を結成。放射能を学ぶセミナーや小冊子の作成など、精力的に活動を続けています。

 

交流会では、番場さんはじめ、福島から移住した人、福岡で被災地に何かできないかと思っている人などいろいろな方が対話を通じて交流を深めます。

何事も、まずは知ることから。

主宰者の矢動丸純子さんは「今後復興を支援してゆくのに福岡から何ができるのか。みんなで話し合い、福島と福岡を結ぶ新しいコミュニティーの一歩を踏み出す機会になれば」と話しています。

 

■■■「とりあえず福島のことを話そう in 福岡」■■■

日時:9月21日午後2時~午後4時

場所:福岡市中央区天神4-1-8 書斎リーブル1F「エスパス」

参加費:500円(飲み物付き)

メール:cb_nic@mac.com

問い合わせ:080(4336)1498

 

 

※情報は2014.9.19時点のものです

書斎りーぶる

住所福岡市中央区天神4-1-18 サンビル1F
URLhttp://shosai-livre.com/

関連タグ

この記事もおすすめ