切なくも清々しい・・・「恋におちたシェイクスピア」福岡公演が開幕!

 色あせることのない名作「ロミオとジュリエット」。今でも多くの人に愛されるこの物語は、若きシェイクスピアの“胸を焦がす恋”が大きく影響を与えているのかもしれない―。

 フィクションと事実を織り交ぜて展開する劇団四季の新作演劇『恋におちたシェイクスピア』。福岡市博多区のキャナルシティ劇場で12月23日、福岡公演が開幕しました。

劇作家ウィル(シェイクスピア)

  アカデミー賞7部門を受賞、1999年に日本でも公開された同名映画をベースに、ディズニー・シアトリカル・プロダクションズとソニア・フリードマン・プロダクションズが制作したもので、今回の公演はこの舞台脚本を用いて、新たな演出で上演しています。

青年トマス・ケント

青年トマス・ケント

 舞台はエリザベス朝時代の英国ロンドン。スランプに陥っている劇作家ウィル(シェイクスピア)は、オーディションに訪れた青年トマス・ケントと出会います。 女性が舞台に立つことは許されない時代。ケントの正体は、資産家の娘ヴァイオラなのです。ケントを追って館まで来てしまったウィルは、本来の女性の姿に戻ったヴァイオラと恋に落ちてしまいます。

12月22日(土)に行われた舞台稽古の様子

 親が決めた相手との結婚を控えたヴァイオラとの叶わぬ恋。ロミオとジュリエットさながらに、ウィルも懸命にヴァイオラを愛する-。ロミオとジュリエットの悲恋の結末を知りながら見る本作は、なんとも切なく感じます。

 一方で、演劇を愛しすぎて仕方ない…、そんな彼のエネルギーも感じられる、清々しい作品でもあります。

 名作「ロミオとジュリエット」の原点ともいえる、彼の恋をぜひ劇場で見届けてください。

公演初日のカーテンコール

公演初日のカーテンコール

劇団四季『恋におちたシェイクスピア』福岡公演
期間 : 12月23日(日・祝)~2019年1月6日(日)
会場 : キャナルシティ劇場(福岡市博多区住吉1-2-1キャナルシティ博多4階)
料金 : S席9,720円、A席7,560円、B席5,400円、C席3,240円
   ※公演当日3歳以上有料(膝上観劇不可)。2歳以下の入場不可。託児サービスあり(有料)
インターネット予約:SHIKI ON-LINE TICKET(24時間受付)
電話予約:劇団四季予約センター(10:00~18:00)0120-489444

※情報は2018.12.26時点のものです

キャナルシティ劇場

住所福岡市博多区住吉1-2-1キャナルシティ博多ノースビル4F
URLhttp://canalcity.co.jp/

秋吉真由美

この記事もおすすめ