ニコライ・バーグマン氏のフラワーアートの世界☆太宰府で「伝統開花」展

デンマーク出身のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんの「1100年の伝統と革新的フラワーアートの融合『伝統開花』」展が10月10日、太宰府市の太宰府天満宮と宝満宮竈門神社で始まりました。北欧のスタイルと日本の感性を融合させた独自のフラワーデザインを確立したバーグマンさんの九州での展示会は初めて。10月13日までの期間中、太宰府天満宮と宝満宮竈門神社で、バーグマンさんによる「伝統開花」を心ゆくまでお楽しみください。

浮殿では、キクの花が中に続いて並んでいます。

浮殿

 

延寿王院

延寿王院

 

心字池

心字池

 

絵馬堂

絵馬堂

 

天神広場

天神広場

 

楼門前

楼門前

バーグマンさんは1995年、国立ビジネスカレッジの卒業旅行で京都を訪れ、日本の伝統美に興味を持たれたそうです。その後、1998年に再来日。埼玉県川越市の生花店で修行を積み、独自のフラワーデザインを編み出しました。

ニコライ・バーグマンさん

ニコライ・バーグマンさん

今回の展示会では、バーグマンさんが太宰府天満宮の1100年以上の伝統と歴史からインスピレーションを受けた新作約50点を披露。バーグマンさんは「空間全体を使った和と洋のコントラストを楽しんでほしい。観る人に驚きと発見を与える展示会になれば」と話しています。

文書館内

 

あえて格子越しに作品を眺めるような展示の仕方も。

 

立体的な動きが印象的です。

立体的な動きが印象的です。

 

存在感たっぷりのバラの花

存在感たっぷりのバラの花

 

バーグマンさんの足元にご注目ください。

バーグマンさんの足元にご注目ください。

 

こちらは畳一枚をくり抜いて作られたそうです。

こちらは畳一枚を外して作られたそうです。

歴史の重みと革新さを感じさせる太宰府天満宮の展示に比べ、宝満宮竈門神社では女性らしく、ポップな印象の展示が行われています。

竈門神社鳥居

宝満宮竈門神社鳥居

 

竈門神社

宝満宮竈門神社

 

参集殿

参集殿

 

参集殿

参集殿

 

参集殿

参集殿

入場料は屋外無料、屋内展示は全館共通500円(12歳以下無料)。

北欧と日本の伝統が開花するバーグマンさんのフラワーアートを、ぜひお楽しみください。

 

 

■開催日時:10月10日(金)~13日(月・祝)9:00~18:00

■場所:太宰府天満宮 宝満宮竈門神社

■入場料:野外展示無料、一部屋内展示500円 ※12歳以下は屋内展示も無料

■イベントの問い合わせは、Nicolai Bergmann Flowers & Design(ニコライ バーグマン フラワーズ & デザイン)=03-5464-0716(平日10:00~18:00)

E-mail:info@nicolaibergmann.com

※情報は2014.10.11時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ