宝満山麓、遊びにおいで! 「“いちご”一会」のイベント開催

 「縁結びの神」で知られる宝満山麓の竈門(かまど)神社(太宰府市内山)と周辺の店舗やギャラリー、寺院などが力を合わせ、地域おこしイベント「春の内山『いちご一会』」を開いている。自然豊かな一帯の魅力を伝えようと、「一期一会」と「いちご」をテーマに、連携して取り組む初の試みだ。31日まで。

自然豊かな宝満山麓の店舗など14カ所を案内する「内山そぞろ歩きマップ」

 参加の店舗は、イノシシ肉などのジビエ料理やそばを出す茶屋、カレーとケーキの店、雑貨店、カフェなど14カ所。登山客でにぎわう「山の図書館」(九州登山情報センター)や天台宗の寺院「妙香庵(みょうこうあん)」も名を連ねている。

 期間中に参加スポットを訪れると、それぞれの特長を生かしたサービス(一部有料)が受けられる。例えば、食事の店ではいちごミルクなどのデザートが提供されるほか、ギャラリーでは「押し花のポストカード」のワークショップ、妙香庵では一期一会に関する法話を聴くことができる。

 30、31日は竈門神社で「桜まつり」がある。ミニコンサートやお花見だんごの実演販売などがあり、午後9時まで桜のライトアップがある。

※情報は2019.3.26時点のものです

西日本新聞

西日本新聞の朝刊・夕刊に掲載された記事の中から、ファンファン福岡的注目記事をピックアップ!

この記事もおすすめ