4月は、むなかたRUGBY MONTH!!

 2020年東京開催の世界的スポーツの祭典を目指すナショナルチームのキャンプ誘致活動を続けている宗像市。学校やコミュニティーでの交流活動を通した国際理解の促進、グローバル人材の育成、コミュニティーの活性化に繋げるため、官民一体となってナショナルチームの受け入れを行い、近年はブルガリア柔道代表とラグビー代表のキャンプを受け入れました。

 いよいよ今秋、日本で開催されるラグビーワールドカップ。ラグビー気運が高まる中、宗像市では4月からゴールデンウィークの期間中、ラグビー関連のさまざまなイベントが開催されます。この機会にぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

ラグビーロシア女子代表

ラグビーロシア女子代表の華麗なプレー

ロシアセブンズがやってくる!
 7人制ラグビー(通称セブンズ)ロシア女子代表の「Munakataキャンプ」が4月7日(日)~16日(火)、グローバルアリーナで実施されます。
 4月20日(土)~21日(日)に北九州市で開催される「HSBCワールドラグビー女子セブンズシリーズ北九州大会」に向けての準備キャンプであり、応援・交流イベントなども開かれます。
 宗像市には、グローバルアリーナや宗像サニックスブルースをはじめ、市内に多くの“ラグビー資源”があります。国際大会などで交流のあったロシア女子代表も2018年からキャンプに訪れています。ロシアセブンズの応援・交流イベント詳細は宗像市公式サイト

ロシア女子代表Munakataキャンプ
日時:4月7日(日)~16日(火)
場所:グローバルアリーナ(福岡県宗像市吉留46-1)
内容:7人制ロシア女子代表のキャンプ
ロシア女子代表 トレーニングマッチ
日時:4月12日(金)10:00~、15:30~
場所:グローバルアリーナ
内容:クラブチーム「ながとブルーエンジェルス」との練習試合
むなかたガールズセブンズチャレンジ2019
日程:4月13日(土)、27日(土) 、5月11日(土)、6月15日(土)
場所:グローバルアリーナ(4月開催)、サニックス玄海グラウンド(5、6月開催、宗像市神湊1268-59)
内容:ロシア女子代表と宗像サニックスブルースの協力で小学4年生から中学1年生の女子を対象にした初心者向けラグビー教室を開催
参加:無料 ※要事前申し込み
締め切り:4月4日(木)
主催・問い合わせ・申し込み:宗像市文化スポーツ課
電話:0940-36-1540
FAX:0940-36-0270
メール:bunka-sports@city.munakata.fukuoka.jp

ロシアセブンズ

ロシア女子代表チーム(昨年度北九州大会)

世界のトップアスリートが集まる!

 「サニックスワールドラグビーユース交流大会2019」が4月28日(日)から5月5日(日・祝)、グローバルアリーナで開催されます。毎年ゴールデンウィークに実施され、会場のグローバルアリーナとともに今年20周年を迎える大会です。

 高校世界一の座を争う同大会には国内外から強豪校が集まり、男子15人制、女子7人制のゲームで熱戦が繰り広げられます。ラグビーワールドカップを前に、一足先に世界のトップアスリートを身近に感じることのできる、またとない貴重な機会をお見逃しなく!

昨年のワールドラグビーユースの様子

2016年の交流大会では東福岡高校と南アフリカの高校が対戦

また期間中、会場のグローバルアリーナではさまざまなイベントが開催されます。

 ダイビングトライやタックル、パスなどが体験ができ、大会出場選手たちとも触れ合いながら、子どもも大人も楽しめる「ラグビーパーク」のほか、自家製唐揚げや焼きそば、カレーライスなどの定番グルメの他、ふんわり食感のスノーアイスやステーキ丼など多数の宗像の“うまいもん”が集まる「宗像Bグルメ」も待っています。大会期間中にしか食べることのできない「ラグビーボールパン」など大会オリジナルメニューも必見! イートインスペースもあるので、青空の下、宗像のグルメを存分に楽しめます。
 さらに、世界チャンピオンに輝いた、本場スコットランドのバグパイプバンド「ジョージ・ワトゾンズ・カレッジ」の生演奏コンサートなどイベントが盛りだくさんです。※出展者、出演者は変更になることがあります。

 試合開催日にはグローバルアリーナとJR赤間駅南口を往復するシャトルバスも運行されます。詳しい大会情報は公式サイトでご確認ください。

サニックスワールドラグビーユース交流大会2019
日時:4月28日(日)~5月5日(日・祝)
場所:グローバルアリーナ(福岡県宗像市吉留46-1)
問い合わせ:グローバルアリーナ
電話:0940-33-8400

※情報は2019.3.27時点のものです

この記事もおすすめ