筑後で地酒とおいしい郷土食! 「筑後七国酒文化博」開催

 福岡県筑後地域の9つの酒蔵の地酒を飲み比べできる「第5回筑後七国酒文化博」が4月6日(土)、筑後市の九州芸文館で開催されます。

 1つの蔵元につき3~5銘柄の日本酒や焼酎、リキュールなどが用意され、1杯100円~300円(税込み)で飲み比べができます。

おいしい地酒が勢ぞろい!

 筑後七国酒文化講座(要申し込み)も同時に開催され、蔵元の代表が講師になって地酒について語ります。受講後は修了証カードも発行。記念に受講してみるのもいいですね。

昨年の様子

 “おいしい酒にはつまみが必要”ということで、「食のコーナー」もあります。コイ科の淡水魚ハヤの甘露煮やかす漬け、手作り豆腐など筑後地域に根差したつまみが販売されます。北九州市の郷土食で、栄養豊富なぬか床で青魚を炊き込んだ「青魚のぬか炊き」も今回初登場! ついついお酒を口に運ぶ手が止まりませんね。

みんなで乾杯!

 琴と尺八の演奏、モデル扮(ふん)する花魁(おいらん)道中などステージイベントも多彩です。

 九州新幹線とJR鹿児島線の「筑後船小屋駅」から徒歩1分なので、アクセスも良好です。おいしい地酒と郷土食を味わいに足を向けてみませんか?

 

第5回筑後七国酒文化博
日時:4月6日(土) 12:00~18:00
場所:九州芸文館(福岡県筑後市津島1131)
料金:前売りチケット1,000円(1,100円分)、当日チケット1,000円 ※いずれもお楽しみ抽選券付き
問い合わせ:九州芸文館
電話:0942-52-6435

※情報は2019.4.2時点のものです

やはた

この記事もおすすめ