いま全国から注目される福岡のクリエーター3人のトークイベント開催

 いま全国から注目される福岡のクリエーター3人のトークイベント「スタートアップシティ福岡とクリエイティビティ」が5月10日(金)、イベントスペース「evoL by GRANDMIRAGE(エボル・バイ・グランドミラージュ)」(福岡市中央区今泉)で開催されます。ファンファン福岡のフリーペーパー「福岡発神アプリ」特集でも紹介した、アプリ開発などを手掛ける「しくみデザイン」(福岡市博多区)が主催です。

注目の3人が登場します

注目の3人が登場します

 登壇するのは、しくみデザイン代表取締役で芸術工学博士の中村俊介さん、映画監督、映像ディレクターでKOO-KI(福岡市中央区)所属の江口カンさん、キャラクターデザイナーの谷口亮さんです。

 いずれも福岡市に拠点を置きつつ、全国のみならず世界に向けた活動を展開していて、“芸術を中心とした福岡市の文化の向上発展に貢献した個人や団体に授与される「福岡市文化賞」を受賞しているという共通点があります。この3人が「クリエーティブ環境としての福岡の魅力と課題」をテーマにトークを繰り広げます。

 江口さんは東京オリンピック・パラリンピックの招致映像「Tomorrow begins」のクリエーティブディレクターを担当し、谷口さんが作ったキャラクターは東京オリンピック・パラリンピックの公式マスコットに採用されています。これらに関する話も飛び出しそうです。

 会場にはしくみデザインが開発したAR楽器「KAGURA」やビジュアルプログラミングアプリ「Springin’(スプリンギン)」のタッチアンドトライブースも準備される予定です。

しくみデザイン代表 中村俊介さん

しくみデザイン代表 中村俊介さん

中村俊介さん/しくみデザイン代表取締役。名古屋大学建築学科を卒業後、九州芸術工科大学大学院(現・九州大学芸術工学研究院)でメディアアートを制作しながら研究を続け、博士(芸術工学)を取得。2005年にしくみデザインを設立。参加型サイネージや、ライブコンサートのリアルタイム映像演出など、数々の日本初を手がける。AR技術を用いて体の動きで音楽を演奏できる新世代楽器「KAGURA」や創造的ビジュアルプログラミングツール「Springin’」を開発するなど、UX(ユーザーエクスペリエンス)分野の先駆者として常に新しい分野を切り開いている。Intel Perceptual Computing Challenge グランプリ(アメリカ)、Sónar+D Startup Competition グランプリ(スペイン)など、国内外での受賞多数。

江口カンさん

KOO-KI所属 江口カンさん

江口カンさん/映画監督、映像ディレクター。KOO-KI所属。福岡県出身。ドラクエ(出演:のん、北大路欣也)、スニッカーズなど多数のCMを演出。Webムービーでは、「Baseball Party」(トヨタ)や「COME ON! 関門!」(北九州市・下関市)などのヒット作品を手掛け、国内外で異例のビュー数を獲得。07-09年、カンヌ国際広告祭で3年連続受賞。09年福岡市文化賞受賞、11年福岡県文化賞受賞。13年、東京2020五輪招致PR映像「Tomorrow begins」のクリエーティブディレクションを務める。ドラマ「めんたいぴりり」が日本民間放送連盟賞・優秀賞(2年連続)、ギャラクシー賞などを受賞。映画は、「ガチ星」(2018)「めんたいぴりり」(2019)に続き、「ザ・ファブル」が19年6月21日全国公開予定。

谷口亮さん

キャラクターデザイナー 谷口亮さん

谷口亮さん/中村学園三陽高等学校卒業後に渡米。1997年にカブリオ大の美術学士を取得。帰国後キャラクターデザイナーとして活動を開始し、ベネッセや博多警察署・防犯協会の「いかのおすし」などのさまざまなキャラクターを手掛ける。2018年にはデザインしたキャラクターが2020年東京五輪・パラリンピックの⼤会マスコットとして選出される。2018年福岡市文化賞を受賞。

スタートアップシティ福岡とクリエイティビティ
日時:5月10日(金) 19:00開演
場所:evoL by GRANDMIRAGE(福岡市中央区今泉1-17-16  プロスペリタ今泉Ⅲ1階)
料金:5,000円 ※要事前申し込み
申し込み:イベントウェブサイトから
主催・問い合わせ:しくみデザイン
電話:092-474-0153

※情報は2019.4.26時点のものです

この記事もおすすめ