福岡の花火大会を外国人に! 「花火ファンタジアFUKUOKA2019」

 夏の夜といえば花火! 今年で3回目を数える「花火ファンタジアFUKUOKA」が8月7日(水)に開催されます。私は1回目から鑑賞して感動し、外国の人にもこの美しさを伝えたくて、国外の人への販売をお手伝いしています。

CGではありません! 圧巻の1シーン

CGではありません! 圧巻の1シーン(これまでの「花火ファンタジアFUKUOKA」から

 同イベントはシーサイドももち海浜公園(福岡市早良区)を舞台に幅1.5km、高さ最大450mで打ち上げられる西日本最大級の花火大会で、音楽と花火が連動する芸術花火を堪能できます。特に、最後のクライマックス10分間に繰り広げられる6,000発の花火は圧巻です!

みなさんが知っている楽曲にあわせて花火が打ち上がります

みなさんが知っている楽曲にあわせて花火が打ち上がります

 今回、総合演出を手掛けるのは、東京・日本橋の花火制作会社「丸玉屋」。実は昨年10月、丸玉屋が招待されて作品を披露すると聞きつけ、韓国・釜山の国際花火大会の視察に行きました。丸玉屋は世界各地で花火を手掛けられています。

 釜山の事務局の担当者に釜山大会の話を伺うと、なんと有料席の半分近くが外国人客で、日本人はじめ世界各国の人が楽しんでいるとのこと。実際に会場で「福岡県からきました」という人に何人もお会いしました。

 その状況に刺激を受け、韓国などの旅行代理店に足を運んで交渉し、今回、外国の人でも個人で購入できるチケットや旅行商品の販売をスタートしたところです。「一夜限りの夢」を商品にしてもらうのは難しかったのですが、一緒にトライしていただいています。

百道浜のシートブロック。当日シートを配布します

百道浜のシートブロック。当日シートを配布します

 椅子席で楽しむもよし、砂浜でシートを敷いてのんびり見るのもよし、さまざまな席種があるので、ホームページをチェックしてみてくださいね。

カップルシートも販売しています。エアソファ付で2万円

カップルシートも販売しています。エアソファ付きで2万円

 ホームページでは英語、韓国語、中国語(簡体字、繁体字)も展開されていますので、外国人のお友達に教えてあげてくださいね。

花火Fantasia FUKUOKA 2019
日時:8月7日(水) 少雨催行 ※予備日8月8日(木)
16:00開場、19:30開演、21:00終演(予定)
場所:シーサイドももち海浜公園(福岡市早良区百道浜、中央区地行浜)
料金:百道浜プラチナブロック税込み10,000円、百道浜椅子ブロック5,000円、百道浜赤ブロック・緑ブロック3,000円、百道浜青ブロック3,500円、百道浜カメラマンシート7,000円、百道浜車椅子ブロック3,000円、地行浜エリア2,000円、駐車場プレミアムシート7,000円 ※詳細については公式サイトで確認を
主催・問い合わせ:花火ファンタジアFUKUOKA2019実行委員会
電話:092-844-7033(平日10:00~17:00)

※情報は2019.6.4時点のものです

花火Fantasia FUKUOKA 2019

住所福岡市早良区百道浜2
TEL092-844-7033(平日10:00~17:00)
URLhttps://rkb.jp/hanabi_fantasia_fukuoka/

帆足千恵

旅とアートとグルメをこよなく愛する編集者。福岡・九州を拠点にインバウンド(訪日旅行)とアウトバウンド(日本人の海外旅行)の「行ったり来たり」の旅の活性化を目指しています。インアウト・ツーリズム研究所 代表

この記事もおすすめ