漫画家・藤子不二雄Ⓐさんの展覧会西鉄ホールで開催中!

 「忍者ハットリくん」や「怪物くん」、「笑ゥせぇるすまん」などで知られる漫画家・藤子不二雄Ⓐさんの展覧会「藤子不二雄Ⓐ展‐Ⓐの変コレクション‐」が、福岡市・天神の西鉄ホールで8月18日(日)まで開催中です。

 その名前か作品、どちらかは目や耳にしたことがあるでしょう。“漫画界の生きる伝説” 藤子不二雄Ⓐさん。現在85歳にして現役の漫画家、Ⓐさんの現在に至るまでの作品の世界観を心行くまで堪能できます。

等身大フィギュアがお出迎え

 1934年に富山県氷見市で生まれたⒶさんは、51年、17歳の時に漫画家としてデビューし、「忍者ハットリくん」「怪物くん」「プロゴルファー猿」「笑ゥせぇるすまん」など数々の人気漫画を生み出してきました。

 1990年には自作漫画を基にした映画「少年時代」を製作し、日本アカデミー賞ほか多くの賞を受賞。2005年には文部科学大臣賞を受賞しています。

「笑ゥせぇるすまん」でおなじみ「BAR 魔の巣」

 展示会場の入り口に待っていたのは藤子不二雄Ⓐさん…ではなく等身大のフィギュア。薄暗い中にぼんやりと立っていたので思わずびくっとしてしまいました。等身大フィギュアのすぐ横には「笑ゥせぇるすまん」でおなじみ「Bar 魔の巣」が。喪黒福造がどっしりとカウンターに座っていたので、写真撮影。

喪黒福造がいる!

 この展覧会、なんと全てのスペースで写真撮影が可能です。作品の中に入り込んだような写真が撮影できるフォトスポットが随所に用意されています。

 「トキワ荘ゾーン」には、Ⓐさんの自伝的作品でもある「まんが道」の中から、Ⓐさんが上京して間もないころの部屋を完全に再現した空間が用意されています。

この部屋に「藤子不二雄」が…

 「ここがあのトキワ荘…」と漫画好きにとって、(レプリカだけれど)聖地にも等しい場所を間近にして思わずシャッターを切る手が止まりませんでした。畳の上(つまり部屋の中)に上がることも可能なので、ぜひ「藤子不二雄」になりきってみてください。「藤子不二雄」ということで、2人組で行くとなお良さそうですね♪

実際のトキワ荘の壁に描かれた「藤子不二雄」のサインも展示してあります

 「ポップゾーン」は雰囲気ががらっと変わります。Ⓐさんの作品の中でもコメディーやスポーツに絞った作品を紹介するゾーン。主人公たちの大きなパネルが飾ってあります。

作品の中に入り込んだ写真を撮影しよう!

 個人的に気になっていた「ブラックユーモアゾーン」は見どころ満載。「笑ゥせぇるすまん」をはじめ、「魔太郎がくる!!」や「ブラック商会変奇郎」ほか数多くの短編集などの生原稿が展示されています。

ブラックユーモアゾーンの世界観、ツボです

 展示方法もさまざまで、フラッシュ撮影することで浮かび上がってくる絵や、まるで空中に喪黒福造が浮かんでいるかのような仕掛けなど、会場で体感してこそわかる面白さがそこらじゅうにあります。

一体何が…?

フラッシュを炊くと絵が浮き出てきました!

  Ⓐさんが作品を執筆するときに参考にした数々のアイテムをはじめ、Ⓐさん集めた骨董(こっとう)品やアニメ化した作品のセル画や台本など、Ⓐさんの頭の中を表現したかのような「Ⓐの変コレクション」で展覧会は終了。

実際のセル画

最後は小さいフィギュアがお見送り

 出口付近にあるスペシャルショップ「怪奇や」では本展限定のオリジナルグッズが用意されています。かわいくて奇妙なグッズの数々についつい「怪物くん」のように手が伸びちゃう?

 

藤子不二雄Ⓐ展‐Ⓐの変コレクション‐
日時:~8月18日(日) 10:00~18:00(入館17:30まで)
場所:西鉄ホール(福岡市中央区天神2-11-3 ソラリアステージ6階)
料金:大人税込み1,000円、4歳~小学生600円 ※3歳以下は入場無料(保護者同伴)
問い合わせ:東映
電話:092-291-6792(平日10:00~18:00)

※情報は2019.8.2時点のものです

西鉄ホール

住所福岡市中央区天神2-11-3ソラリアステージ6F

やはた

この記事もおすすめ