今行くならココ! 秋に巡るおすすめスポット1 福岡市内編

 スポーツ、芸術、そして祭り!  思い立ったらすぐに行ける、福岡市内のこの秋の旬なスポットをご紹介します。

マリンワールド海の中道
昭和レトロなお祭りワールド「夜のすいぞくかん」

メインビジュアル

「夜のすいぞくかん」メインビジュアル

  9月の土・日曜、祝日は開館時間を21:30まで延長。18:00から館内の照明が変わり、幻想的な雰囲気に。九州各地のお祭りをイメージした装飾が気分を盛り上げてくれます。小型カメラで捉えたラッコのかわいい表情を見ることができる「夜のラッコライブ」や、博多湾の夜景をバックにした「夜のイルカショー」など、夜ならではの見どころがいっぱいです。

美しい夜の海とイルカのコラボは必見

美しい夜の海とイルカのコラボは必見

マリンワールド海の中道「夜のすいぞくかん」
日時:9月30日(月)までの土・日曜、祝日 9:30~21:30(20:30最終入館)
料金:高校生以上2,300円、中学生1,200円、小学生1,000円、 4歳以上小学生未満600円
住所:福岡市東区西戸崎18-28
問い合わせ:マリンワールド海の中道
電話:092-603-0400

 

ノボルト(NOBOLT)
ワクワクの新感覚アトラクション満載!

44種類のアスレチックが体験できる「ロープマウンテン」

44種類のアスレチックが体験できる「ロープマウンテン」

  国内最大級の屋内型スポーツ・アスレチック施設「ノボルト(NOBOLT)」がマリノアシティ福岡に9月14日(土)オープン。13mの高さでアスレチックを進むスリル満点の「ロープマウンテン」や、デジタル技術で子ども向けゲームやヨガを楽しめる「C-sports(シースポーツ)」など、ぜひ挑戦を。9月限定のお得なプランや、オープン記念の学生プランあり!

デジタルとスポーツが融合した「C-sports」

デジタルとスポーツが融合した「C-sports」

ノボルト(NOBOLT)
日時:9月14日(土)~16日(月・祝)10:00~19:00
          9月17日(火)~30日(月)平日11:00~20:00、 土・日曜、祝日10:00~20:00
住所:福岡市西区小戸2-10-76
※料金、問い合わせなど詳細はノボルト公式ホームページから

 

三菱地所アルティアム
「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」

メインビジュアル

「世界を変える美しい本」メインビジュアル

 「タラブックス」は、南インド・チェンナイを拠点とする小さな出版社。ギータ・ウォルフとV.ギータという2人のインド人女性が中心となって活動しています。同社を代表するのが美しいハンドメードの絵本。インドの民族画家による絵を版画の技法で印刷し、糸で製本した、工芸品のような本です。本展では、日本でもよく知られる「夜の木」「水の生きもの」などのハンドメード本を中心に、原画、写真、映像などでその魅力をたっぷりと伝えます。

三菱地所アルティアム「世界を変える美しい本 インド・タラブックスの挑戦」
日時:10月6日(日)まで 10:00~20:00 会期中は無休
料金:一般400円、学生300円、高校生以下無料、再入場可
住所:福岡市中央区天神1-7-11 イムズ8階
問い合わせ:三菱地所アルティアム
電話:092-733-2050
 


筥崎宮
博多の秋の風物詩「放生会(ほうじょうや)」

今年は2年に1度の御神幸の年。氏子約500人が街を練り歩きます

今年は2年に1度の御神幸の年。氏子約500人が街を練り歩きます

 「生命を慈しみ、殺生を戒め、秋の実りに感謝する」祭り、筥崎宮の放生会。稚魚やハト形の風船を放つ神事や2年に1度の「御神幸」などが7日7夜にわたって繰り広げられます。境内では名物のおはじきやガラス細工「放生会チャンポン」の展示も。参道には露店が立ち並び、たくさんの人でにぎわいます。

音が楽しい「放生会チャンポン」

音が楽しい「放生会チャンポン」

筥崎宮「放生会」

※御神幸「御下り」9月12日(木)18:00、「御上り」9月14日(土)19:00
住所:福岡市東区箱崎1-22-1
問い合わせ:筥崎宮
電話:092-641-7431

※情報は2019.9.6時点のものです

この記事もおすすめ