「劇団きらら」の新作「ぼくの、おばさん」 12/13,14@ゆめアール大橋

 チラシデザイン:potobo

現代社会をテーマに独自の視点で数多くの現代劇を手掛けている「劇団きらら」の新作公演「ぼくの、おばさん」12月13日(土)と14日(日)、福岡市南区のゆめアール大橋 小劇場で開催されます。

 

1985年の結成以来、代表の池田美樹さんのオリジナル作品を一貫して上演している同劇団ですが、今回のテーマは…

20歳の青年が見つめる40代の孤独と恋

なんだか、興味深いですね。

撮影:marroo

父親が亡くなり、苦手な叔母と2人暮らしの青年・急一。

「売るより解体するほうが費用がかかる」という家屋への諦めと嫌悪。

そんなとき20数年音信不通だった伯母がやってくる。

「伯母」というにはあまりに奔放で魅惑的な彼女の出現で、

「停滞した日常」が一気に動き始める…。

撮影:marroo

福岡公演の前に、11月に熊本公演がありましたが、観劇した人たちの多くが自らの境遇などに思いをはせ、

「うちの場合は…」

「この前、知り合いが…」

と公演後に感想を述べられたそうです。

中には、

「明日も生きていこうと思いました」

と笑顔で語った女性も。

(前列左から)宗真樹子さん、磯田渉さん(不思議少年)、(後列左から)池田美樹さん、手島曜さん(14+)、オニムラルミさん   撮影:marroo

今回の作品も代表の池田さんが作・演出を担当。

池田さんは「親・親戚に鬱憤のたまってる方、大人だって恋をしたい!と思ってる方、理想の大人が見当たらない若人の皆様、何らかおもしろがって頂けると思います」と話しています。

 

「家族」とは何か、「人生」とは―。

踏み惑いながらも一生懸命に生きていこうとしている人たちの物語、どうぞご期待ください!

 

【福岡公演】
日時:12月13日(土)午後2時、午後7時開演/12月14日(日)午後1時開演

場所:ゆめアール大橋 小劇場

チケット:前売り2300円(当日2800円)

 ※問い合わせ※

◎劇団きらら
TEL:096-346-3437
URL:http://www.gkirara.com/

 

◎「ぼくの、おばさん」特設ページ
http://www.gkirara.com/next.html 

※情報は2014.11.29時点のものです

ゆめアール大橋(福岡市大橋音楽・演劇練習場)

住所福岡市南区大橋1丁目3番25号
TEL092-557-2502
URLhttp://www.fpap.jp/yume/

この記事もおすすめ