夜の福岡城跡が光のアート空間に!「 チームラボ 福岡城跡 光の祭」

 夜の福岡城跡が、今年も光のアート空間に!
 「チームラボ 福岡城跡 光の祭 2019-2020」が舞鶴公園 福岡城跡(福岡市中央区)で11月29日(金)~2020年2月2日(日)まで開かれます。

呼応する木々と自立しつつも呼応する生命 / Resonating Tree and Autonomous Resonating Life

呼応する木々と自立しつつも呼応する生命 / Resonating Tree and Autonomous Resonating Life

 福岡城は、1601年から7年の歳月をかけて築かれた城の規模としては九州一の巨城。
 本丸、二の丸、三の丸などの中心部は総石垣造りで、別名「石城」とも呼ばれます。今も美しい石垣は四層に分かれていて、非常に広大な史跡です。

 チームラボは、「Digitized City」というアートプロジェクトを行っています。非物質的であるデジタルテクノロジーによって、街を物理的に変えることなく「街が街のままアートになる」というプロジェクトです。

 「チームラボ 福岡城跡 光の祭」では、美しい石垣のある福岡城跡の中心部約2万㎡を、人々の存在によって変化するインタラクティブな光のデジタルアート空間に変えます。 

 木々のライトアップ、卵状の光るオブジェの展示のほか、全長約630mに渡る石垣に当てられた光が、ゆっくりと呼吸するかのように明滅します。

大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives in the Stone Wall - Fukuoka Castle Ruins

大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達 / Animals of Flowers, Symbiotic Lives in the Stone Wall – Fukuoka Castle Ruins

 例えば全長60m、高さ約10mの福岡城大天守台跡の石垣には、「大天守台跡の石垣に住まう花と共に生きる動物達」が出現します。

 城壁に描き出される空書(空間に書く書)にも注目を。墨跡が持つ深さや速さ、力の強さを、新たな解釈で空間に立体的に再構築されます。

 福岡藩の藩祖・黒田官兵衛をはじめ黒田長政や織田信長、豊臣秀吉などをお絵かきする「お絵かき黒田官兵衛」は、参加して楽しみたい仕掛けです。

お絵かき黒田官兵衛 / Sketch Kuroda Kanbei ※参考画像

お絵かき黒田官兵衛 / Sketch Kuroda Kanbei  ※参考画像

 食事会の後やデートで訪れるのにぴったり。冬の夜はデジタルでアートな福岡城跡に出掛けませんか。寒さ対策をお忘れなく。

チームラボ福岡城光の祭2019-2020
日時:11月29日(金)~2020年2月2日(日) <会期中無休>
18:00~22:00  ※入場は21:30まで
12月31日(火)は25:00まで開場 ※入場は30分前まで
場所:舞鶴公園福岡城址(福岡市中央区城内) 
入場料:大人税込み1,200円(前売1,000円)、中高生800円(前売600円)、子ども400円(前売300円) ※3歳以下無料
    早割ペアチケット1,200円(大人2人入場可能) ※12月15日(日)まで使用可能
主催:チームラボ福岡城跡光の祭2019-20実行委員会
問い合わせ:チームラボ福岡城跡光の祭2019-20実行委員会事務局(西日本新聞イベントサビース内)
電話:092-711-5528(平日10:00-17:00、※12月28日~1月5日休)
#チームラボ福岡城跡光の祭 #チームラボ #福岡城 #DigitizedFukuokaCastleRuins

※情報は2019.11.4時点のものです

チームラボ福岡城光の祭2019-20

住所舞鶴公園福岡城址
TEL092-711-5528

この記事もおすすめ