錦織健プロデュース・オペラvol.6 モーツァルト「後宮からの逃走」3/24福岡シンフォニーホール

声楽家・錦織健さんがプロデュースするオペラ 、モーツァルト「後宮からの逃走」2015年3月24日午後6時半、福岡シンフィニーホールで開催されます。錦織健さんが「気軽に楽しんでいただけるオペラを」と2002年から始めたシリーズ第6弾。今回の演目は、モーツァルトの5大オペラのひとつでありながら、なかなか観る機会の少ない「後宮からの逃走」です。

 

舞台は18世紀のトルコ。錦織健さん演じるスペインの貴族・ベルモンテは、トルコの太守(池田直樹さん)に捕らわれてしまった婚約者・コンスタンツェ(佐藤美枝子さん)とその侍女・ブロンデ(市原愛さん)を救出しようと、太守の宮殿に向かう。同じく捕らわれていたベルモンテの召使・ペドリロ(高柳圭さん)の協力を得て、恋人奪還の計画を練るが、門番オスミン(志村文彦さん)に邪魔をされて…。

 

トルコが舞台の救出劇ですが、意外にも戦闘場面がない楽しいストーリー。今回の公演では、少しでも「言葉の壁」を取り除こうと、これまでの原語上演のみではなく、セリフは日本語で上演。錦織さんは、「字幕を気にすることなく、セリフの面白さやユーモアを楽しんでほしい」と話しています。

錦織健さん

錦織健さん

今回の公演「後宮からの逃走」には、副題として「ハーレムから助け出せ!」という言葉が添えられていますが、副題からもこの物語の面白さやワクワク感が伝わってくるような気がします。

 

舞台の見どころは、主人公コンスタンツェ役の佐藤美枝子さん。錦織さんは、人間離れした超絶技巧を歌える佐藤さんにぴったりの演目としてこの「後宮からの逃走」を選んだというから、その期待感ははかりしれません。また、舞台がトルコということで、異国情緒あふれる演出(十川稔さん)や衣装なども楽しめそうです。

「笑いでオペラの垣根を取り去る」というポリシーの下、喜劇オペラ公演を続ける錦織さん。オペラファンはもちろん、「オペラを聴いたことのない人にも楽しんでもらえたら」と話しています。

 

ちなみに、錦織さんに福岡の印象を聞いたところ、「夜のエネルギーがすごい。ギラギラした感じというか、危険に近い感じの活気に満ちた街の雰囲気が魅力。人間の、民族の、大事な妖しいエネルギーを感じます(笑)」と話されていました。

 

錦織さんがプロデュースするオペラの世界をぜひみなさんも楽しんでください。

 

■錦織健プロデュース・オペラvol.6モーツァルト「後宮からの逃走~ハーレムから助け出せ」■

音楽監督・指揮:現田茂夫

日時:2015年3月24日(火)午後6時半開演(午後6時開場)

場所:福岡シンフォニーホール

料金:S席12,000円/A席10,000円/B席8,000円/学生4,000円(全席指定・税込)

※未就学児の入場不可

※情報は2014.12.14時点のものです

福岡シンフォニーホール

住所福岡市中央区天神1-1-1アクロス福岡1階
TEL092-725-9112(アクロス福岡チケットセンター)
その他

チケットぴあ(Pコード:244-056)TEL:0570-02-9999

ローソンチケット(Lコード:89287)TEL:0570-084-008

e+(イープラス)http://eplus.jp

この記事もおすすめ