シュガーロード×長崎ランタンフェスティバルin博多駅【2/6・2/7】

長崎・佐賀・福岡の3県にまたがる長崎街道は、江戸時代、出島で荷揚げされた砂糖が運ばれ、通称「シュガーロード」とも呼ばれています。沿道ではさまざまな「銘菓」も生まれました。

 

そのシュガーロードをPRするイベントが2月6(金)、7日(土)、福岡市博多区のJR博多駅博多口駅前広場で開かれます。

 

シュガーロード各市(長崎市、諫早市、大村市、嬉野市、武雄市、小城市、佐賀市、飯塚市、北九州市)の伝統的な銘菓や、お菓子に合うお茶を販売するほか、お菓子が当たるクイズ大会や、じゃんけん大会もあります。

 

2月19日から長崎市内で始まる「2015長崎ランタンフェスティバル」のPRも合わせて行われ、両日とも、午後5時からランタン装飾が会場を彩ります。

 

シュガーロード×長崎ランタンフェスティバルin博多駅

▽2月6日(金)、7日(土) 午前11時~午後7時

▽博多区博多駅前中央街 JR博多駅 博多口駅前広場 

大屋根イベントスペース(雨天決行)

▽問い合わせ:シュガーロード事務局(長崎市商業振興課内)095(829)1150

 

※写真は、PRで福岡市を訪れた「2014年度大村フラワー大使」の勝手美穂さん(左)と、長崎市商業振興課の松尾歩さん

※情報は2015.2.5時点のものです

関連タグ

この記事もおすすめ