めんたいぴりり~博多座版(3/6~3/29)友情出演の大吉さんも華丸さんにエール!

ふくや創業者の川原俊夫・千鶴子夫妻をモデルにした舞台「めんたいぴりり~博多座版」が3月6日、博多座で始まりました。テレビ西日本が開局55周年を記念して制作、放映(2013年8月)したドラマの劇場版。主演の博多華丸さんをはじめ、ドラマ版の出演者を軸に、女房役に酒井美紀さん、紺野美沙子さん、宇梶剛士さんら豪華な顔ぶれが登場します!

豪華な顔ぶれののぼり旗も登場!

豪華な顔ぶれののぼり旗も登場!

原作は「明太子をつくった男~ふくや創業者・川原俊夫の人生と経営」(川原健さん著)。戦後、韓国から帰国した主人公が、博多で初めて辛子めんたいこを商品化する実話を人情豊かに描いた、笑いあり、涙ありのホームコメディーです。

初日の6日は、華丸さんの相方・大吉さんも特別に出演(初日以外は映像出演になるそうです)。2人とも博多座初舞台で、同じく博多座初舞台の酒井美紀さん(華丸さんの女房役)も一緒に初舞台公演直後の感想を伺いました。

博多大吉さん、博多華丸さん、酒井美紀さん(左から)

博多大吉さん、博多華丸さん、酒井美紀さん(左から)

熱気に包まれた初日の舞台。会場からは感動してすすり泣く観客の姿も少なくありませんでした。「博多座の舞台に立つのは重圧も感じるが、非常に光栄なこと。感謝しています」と華丸さん。「初日で千秋楽(今後は映像出演)」となった大吉さんは「大舞台に立つ相方を見て、素晴らしく力の入った仕事をしているな、と思った。相方不在の1ヶ月間、僕は僕で全力でピン芸人として頑張ります」と意欲を語りました。

女房役の酒井さんは、「博多弁は思ったように難しかった」と苦笑い。博多祇園山笠も舞台で初めて目にしたそうで、「地元の人たちの熱い熱が伝わり、圧倒されるとともにすごく感動しました。笑って泣いて、最後は心が温かくなる、そんな舞台をぜひお楽しみください」と話していました。

チケットは、A席1万2000円/特B席 9000円/B席 7000円/C席 4000円

詳しくは⇒http://www.hakataza.co.jp/lineup/h27-3/index.php

電話での購入・問い合わせは博多座電話予約センター=092(263)5555。

 

※公演期間中、オリジナルのツナ缶「めんツナぴりり」が発売されます!

https://fanfunfukuoka.com/gourmet/21346/

※情報は2015.3.6時点のものです

博多座

住所福岡市博多区下川端町2番1号
TEL092(263)5555
URLhttp://www.hakataza.co.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ