「川島小鳥+谷川俊太郎|おやすみ神たち」詩と写真が響きあう世界-アルティアム(イムズ8F)

詩人谷川俊太郎さんと写真家川島小鳥さんの作品を紹介する展覧会「川島小鳥+谷川俊太郎|おやすみ神たち」が、福岡市・天神のイムズ8階、三菱地所アルティアムで開催されています。4月12日まで。

©Kotori Kawashima

©Kotori Kawashima

谷川さんの展覧会が三菱地所アルティアムで開催されるのは、1992年以来、23年ぶり。谷川さんは、83歳になった現在も精力的に創作活動を行い、本作のために全27篇の新作を書き下ろされたそうです。

©Kotori Kawashima

©Kotori Kawashima

川島さんは写真集として異例の11万部を突破した「未来ちゃん」で2011年、講談社出版文化賞写真賞を受賞。今回展示される作品は、「未来ちゃん」以後、川島さんが3年をかけて台湾で撮影されたもので、川島さんの新たな境地をみせています。

2人の年齢差はおよそ50歳。2人にとって初めての共著となる作品集「おやすみ神たち」に収録された詩と写真を再構成し、本の世界を体験できる機会です。川島さんの写真に触発された谷川さんが紡ぐ言葉、詩の世界とは-。写真と言葉のそれぞれの表現世界が行き来する空間をお楽しみください。

©Kotori Kawashima

©Kotori Kawashima

©Kotori Kawashima

©Kotori Kawashima

川島小鳥+谷川俊太郎|おやすみ神たち

期間 3月7日~4月12日※3/17は休館日、3/21はイベントのため18:00閉場

時間 10:00~20:00

会場 イムズ8F三菱地所アルティアム

入場 一般400円 学生300円 高校生以下無料

※情報は2015.3.9時点のものです

三菱地所アルティアム

住所福岡市中央区天神1-7-11イムズ8F
TEL092-733-2050
URLhttp://artium.jp/

大きい地図で見る

関連タグ

この記事もおすすめ