国際アンデルセン賞受賞ブラジル人絵本画家「ホジェル・メロ展」開催中!

今年は、日本とブラジルの外交関係樹立120年の記念の年。福岡県立美術館では、ブラジル人として初めて児童文学のノーベル賞と呼ばれる「国際アンデルセン賞」を昨年3月受賞した絵本画家ホジェル・メロさんの展覧会「旅する芸術家 ホジェル・メロ展」が開催中です。5月17日まで。

 

ブラジルや欧米で人気のメロさん。今回の企画展は、2011年に企画館であるドイツのミュンヘン国際児童図書館で展示されると大きな好評を得て、その後ドイツの3ヶ所、安曇野ちひろ美術館(長野県)、韓国・ソウルを巡回した展示会です。展示される絵本は、日本ではまだ翻訳出版されていないものですが、ブラジルの文化やリズム、色彩や素材の楽しさが伝わる作品ばかりです。絵本の原画約100点のほか、メロさんを紹介するパネル写真、絵本コーナーも充実しているのでお楽しみに。来場者全員にもれなくポストカードプレゼント!という嬉しい特典も付いています!

 

入場料は一般300円、高校生以下無料。

月曜休館(5月4日は開館、7日休館)。

※情報は2015.4.27時点のものです

福岡県立美術館

住所福岡市中央区天神5丁目2-1
TEL092-715-3551
FAX092-715-3552
URLhttp://fukuoka-kenbi.jp/

大きい地図で見る

この記事もおすすめ